南大分マイタウン 本誌 第415号・令和2年10月1日

夢豈の四国八十八ヶ所札所巡り

第十五番札所 薬王山 国分寺

第十五番札所 薬王山 国分寺

 薬王山国分寺は、第十四番札所常楽寺から北に800mの近距離にある。瓦葺きのどっしりとした山門が目当てになる。門の右側に大きな石碑があり、「聖武天皇勅願所」の文字が彫られている。

 天平13年(741)、聖武天皇は諸国に命じ、天下泰平の世を願う国分寺・国文尼寺を全国に66ヵ寺建てた。この寺はその時に建てられた官立寺院なのである。

 寺を開いたのは行基で、天皇の勅命を受けて都から下り、堂宇を建立した。その後、弘法大師が四国霊場として開創したが、この寺も天正年間(1573〜92)に長宗我部氏の兵火で焼け、再建するまでに長い歳月を要している。文化文政年間(1804〜30)に本堂が、天保年間(1830〜44)に大師堂が再建されたと伝えられている。

 寺の本尊は薬師如来だが、厠(便所)の神様である烏枢沙摩明王を祀る寺としても、庶民の信仰を集めている。烏枢沙摩明王は不浄を転じて、清浄にする力を持つと信じられている。

 昭和53年から始まった発掘調査で、金堂(本堂)から延びる回廊跡や築地跡、溝などが確認された。寺域の規模は、金堂を中心に東西、南北とも二町(約218m)に及び、かつてはこの広大な寺域に東大寺式の大伽藍が配置されていたと見られている。

 本堂前の休憩所で一服すると、さわやかな風が境内を吹き抜ける。住事はここに「天平の甍」があったのだと素直に感じられる。

水墨画1.jpg
水墨画2.jpg

今月の料理 鯖の竜田揚げ

 野山が秋の色に染まり始め、日々その色合いを濃くしていきます。

 道の駅や産直コーナーには、秋の代表格であるさつまいもが並び彩りを魅せてくれています。このさつまいもには、女性に嬉しい『美肌』をサポー

トする成分が豊富でビタミンCやビタミンEを多く含み、抗酸化作用はもちろん、シミなどを防ぐ効果も期待出来ます。

 また、食物繊維が豊富なので、腸内環境の改善やお通じの改善にも役立ちます。ぜひこの時期ならではの旬を味わってみて下さい。

【材料】

鯖2切、さつまいも1本、A(生姜1かけ、醤油大1、酒小1、みりん大1、ごま油1)黒胡椒少々、片栗粉大3、揚げ油

【作り方】

①鯖は、骨を取って一口大のそぎ切りにする。

②さつまいもは、輪切りにして水につけアク抜きをする。

③①の鯖をAに漬け込む。1時間程度漬け込んら、水分を拭き取って片栗粉をまぶす。

④②のさつまいもを素揚げした後に、③の鯖も同様に揚げる。

⑤揚げたての鯖に黒胡椒をまぶしてお皿に盛る。

野菜ソムリエ、薬膳コーディネーター 坂本薫

☎545-5374

今月の料理.jpeg

なごみが元気 歌声喫茶みたい

 広瀬惇子さんの自宅を地域の人に開放した「和」が元気だ。9月11日も地区の人約15名が参加して、武宮陽子さんのピアノと新見泰博さんのギター伴奏で、昔懐かしい歌を次々と歌っていた。

なごみ.JPG

かりん海道歌会〔8月ネット歌会〕檜垣実生 選

咲くことが下手なわたしは哀しみを

三枚脱いで今日を勤める

平山 繁美

忘年会の余興のように盛り上がる

オンライン会議にこおろぎ鳴けば

岡方 大輔

面舵も取り舵もない海原に

わが影さがす 熱い手のひら

檜垣 実生

壁に穴ひとつ開けさせずクーラーも

いらぬと終の日までも母は

野上ノブ子

美しきくびれを見せて砂時計

女の中の時間こぼるる

御沓 辛止

負ひしもの解かるるやうに終活は

こころの澄みてあしたがのぞく

平田千代子

ひまわりの咲きゐるところ地つづきに

訪へばあるべし章子の歌碑は

濱本紀代子

山の湯ですれ違ひし人のあのかをり

若き日のわが「ミツコ」が香る

左東 清子

入会希望者の方ご連絡下さい📲090-9580-4201濱本まで

教室はコロナ禍のためお休み中

大分県番傘川柳連合会「九月句会」 安部 柳碩 選

暑気払いコロナ汚染でつい伸びる

足立 岩男

三密を避けて伸び伸び河川敷

安倍 征二

一喜一憂感染伸びる棒グラフ

田中 和彦

雑草が伸びる勢い見せつける

河野 和寿

減量のカギは二食のダイエット

藤田 勘芳

米中ロ世界平和のキーワード

足立 岩男

禅問答掴まえきれぬキーワード

藤原 道明

美しい旋律心いやされる

河野 和寿

古女房口うるさいが美人です

松原ふじ代

一強の総理手痛い腹具合

安部 征二

連絡先☎543-2516

次回は10月3日(土)13:00~ 大分市ホルトホール大分403号室

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com