© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

南大分マイタウン 本誌 第402号・令和元年9月1月

福徳学院高校学園便り

第2回体験入学を終えて

 8月3日(土)、本校の体験入学の第2回目が行われました。  普通科スポーツ強化コースでは、リズムトレーニングを行ったあと、なぎなた・剣道の各種目に分かれ、汗を流しました。普通科ITライセンスコースは、エクセルという表計算ソフトを使ってアート制作を体験しました。  健康調理科は、今回中国料理に挑戦ということで、油琳鶏というから揚げの甘酢かけとフルーツたっぷりの杏仁豆腐を参加者全員で作りました。こども教育科では、初心者でも楽しめるピアノレッスンや手話で会話を楽しむ体験をしました。また、トータルビューティ科では、キラキラのラインストーンを使ってデコレーション体験やまつげエクステの体験など各科盛りだくさんの内容で魅力をアピールしました。  県内はもちろん県外からも参加があり、約180名の中学3年生に本校の特色ある授業を体験してもらいました。また昨年まで中学生だった本校1年生も補助生徒として活躍してくれました。  今年度実施の体験入学は11月9日(土)が最後となります。1・2回目の体験内容とはまた違うものを準備していますので、多数のご参加お待ちしております。

(企画主任 德永 沙織)

福徳学院4.jpg

ラインストーンでデコレーション体験

​(トータルビューティー科)

福徳学院3.jpg

PC教室でエクセル体験

​(普通科・ITライセンスコース)

貴重な「夏の体験」となりました!

 健康調理科・こども教育科・トータルビューティ科は、それぞれの専門職の職務に対する理解を深め、実践力と行動力を養うために、夏休み期間を利用して、現場実習やインターンシップを行いました。  健康調理科調理コース2年生は、レンブラントホテルをはじめ、ホテルや旅館、病院調理など10カ所の事業所で3日間の現場実習を行いました。プロから学ぶ本格料理に圧倒され、衛生管理の厳しさも実感しました。  こども教育科3年生は、ゆりかごこども園をはじめとする17の保育園、こども園にて4日間の実習を行いました。暑い中でも元気いっぱいの園児にたくさんの笑顔と元気をもらいました。  トータルビューティ科2年生は、スニップ株式会社をはじめ、6社16カ所のサロンに3日間インターンシップに行きました。技術だけでなくコミュニケーション力の大切さ、気づいて動くことの難しさを実感しました。  今回、それぞれの目標でもある職業を体験的に学べたことで、仕事への理解が深まったと同時に、社会人としての役割を考えるきっかけにもなったようです。この体験を2学期からの学校生活に活かしてほしいと思います。

(企画部 中津熊 英理)

福徳学院2.jpg

保育実習

みどりのお薬箱㉓

 皆さま、長いと思っていました夏もようやく少し勢いが落ち着いた感じの朝夕になってまいりましたが、秋バテにならないように秋の美味しい物を楽しんでエネルギーに変えていきましょう。  さて、前回に予告致しました”目薬の上手な使い方“のセミナーが、終了致しました。ご参加頂けなかった方々に、少し要点をお伝えいたします。まずは、たなか眼科の院長先生から、日常診療で見かける疾患についてスライドを使いながらの講演がありました。身近な疾患から珍しいケースまで、写真を沢山使った資料でわかりやすく説明いただきました。第2部として私達薬局スタッフと一緒に、ご自身が普段やっている点眼のやり方を見せていただいたのちに、上手な点眼方法を一緒にやってもらいながら実践いたしました。ご参加くださった方々、ありがとうございました。お役に立ちましたら、嬉しいです。

(有)みどり調剤薬局 豊府店 羽屋4-1-A

☎・540-7210 F・0120-08-3745

全国大会の応援ありがとうございました! 豊府少年野球団

 豊府少年野球団は、大分市の大会で上位入賞し徳島県の全国大会に出場しました。結果は2回戦敗退でしたが、選手には良い経験になりました。
 ぼくたち豊府少年野球団は、8月1日〜4日に徳島県のオロナミンCスタジアムで行われた『阿波おどりカップ 全国学童軟式野球大会』に出場してきました。1回戦は池田フェニックス(徳島県)に16対13と大逆転で勝ちましたが、2回戦で五個荘野球スポーツ少年団(滋賀県)に3対6で敗れてしまいました。  出場にあたり、たくさんの方に募金や寄付などご協力していただき、本当にありがとうございました。また、これからも頑張りますので続けて応援よろしくお願いします。

豊府少年野球団.jpg

身近な行政相談252

〜厚生年金の「繰下げ受給」、「繰上げ受給」とは〜

〈このような相談がありました〉

厚生年金の繰下げ受給又は繰上げ受給をした場合、どうなるのか教えてほしい。

〈このように処理しました〉

 相談を受けた行政相談委員は、相談者に対し、以下のとおり、繰下げ受給した場合の増額率、繰上げ受給した場合の減額率などの概要を教示するとともに、詳細については年金事務所に問い合わせるよう助言しました。 〜繰下げ受給について〜  原則、65歳時点の老齢厚生年金額を基準として、支給の繰下げの申出をした時期(66歳に達した日以降可能)に応じて、繰下げ加算額が計算されます。  増額率は、「繰下げ月数×0・7%」となっており、8・4%(66歳0か月)から42%(70歳0か月以上)の間となっています。 〜繰上げ受給について〜  繰上げ受給の請求は60歳から可能で、減額率は「0・5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数」となっており、請求日の年齢が60歳の場合、減額率は80%(0・5×12×5)、64歳11か月の場合、0・5%となります。

【問合せ先:大分年金事務所】  電話で相談される場合は097−552−1211まで。  窓口で相談される場合、事前予約(0570−05−4890)を行ってください。  予約の際は、基礎年金番号の分かる年金手帳や年金証書を御準備ください。

~役所の仕事に対する苦情等がありましたらお気軽にご相談ください~

○最寄りの行政相談所

 南大分公民館2階「研修室1」で、9月21日(土)の10時から12時まで行政相談委員(注)が相談を受け付けています。

(注)行政相談委員は、総務大臣から委嘱された民間の有職者で、各市町村に1名以上配置され、国民の身近な場所で行政に関する苦情等を受け付け、その解決のための助言や関係機関への通知等を行います。

○行政苦情110番(総務省大分行政監視行政相談センター)「きくみみ大分」☎097-533-1100