南大分マイタウン 本誌 第402号・令和元年9月1月

百歳記念 夢豈の四国八十八ヶ所札所巡り

第二番札所  日照山無量寿院  極楽寺

 前回の第一札所から約1㎞、同じ鳴門市大麻町にあります。やはり弘法大師が難産に悩む女性に加持祈祷をし、安産に導かれたことから、子宝・安産にご利益があると人気があります。  また、弘法大師のお手植えとされる「長命杉」は樹齢1200年を越し、病気平癒や家内安全、長寿のご利益があるとか。この絵はその長命杉にスポットを当てて描かれました。確かに1200年は経ってるだろう大木です。弘法大師には地に立てておいた杖が成長したとか、逆様に植えた竹や杉が成長して大木になったとかいう話も多いんですよ。次の三番札所までは2㎞です。

水墨画1.jpg
水墨画2.jpg

今月の料理 れんこん饅頭

 すがすがしい秋晴れが続いています。  秋は、気温と共に湿度も下がり、乾燥により肺の機能に負担がかかります。薬膳のなかでこの時期にとっていただきたい食材の1つとして「れんこん」があげられます。れんこんには、乾燥して熱を帯びた「肺」の熱を取り去る効果があり、捨ててしまいがちなれんこんのつなぎ目にはせきや鼻血、喀血を止める作用も。また、乾燥したものは漢方薬として使われています。  きんぴらやはさみ焼き などの料理に使えるのはもちろん、すりおろしてスープにしたり、小さく刻んでお団子やハンバーグに入れたり、さまざまな使い方ができますので、ご家庭で取り入れてみて下さい。

【材料】

れんこん250g、海老4尾、うなぎのかば焼き半分、塩小半、むき枝豆20粒

〔あん〕だし汁150cc、みりん大1、薄口醤油大1、水溶き片栗粉大半、ほうれん草少々、人参6枚

【作り方】

①れんこんは厚めに皮をむいて、粗めのおろし金ですりおろす。

②海老は、殻、背わた、尾を取り除き、4等分に切る。うなぎのかば焼きは1㎝角に切る。

③ボウルに①を入れ、塩を加えてよく混ぜる。れんこんは、水気を絞って入れると固まらないので、絞らずに入れる。

海老、枝豆、うなぎを加えて混ぜる。

④耐熱皿に③を6等分にしてのせ、蒸気の上がった蒸し器で約10分間蒸す。

⑤鍋にだし汁、みりん、しょうゆを入れて火にかけ、煮立ったら水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。

⑥蒸しあがったれんこん饅頭にあんをかけ、お好みでほうれん草や人参など添える。

薬膳美容料理研究家

坂本薫

☎545-5374

今月の料理.jpg

上田町でふるさと祭り復活

 上田町(安波卓吾会長)でふるさと祭りが復活した。盆踊りがあった18日の昼間、同町集会所と公園で射的やスポーツチャンバラ、公園では野菜やビールなどの販売が行われた。大友宗麟鉄砲隊の応援もあって、多くの人でにぎわっていた。

上田ふるさと祭り.jpg

庄の原でそーめん流し

 庄の原町内会(関谷弘会長)では8月4日、同町公民館でそーめん流しを実施した。町内ではこれを三世代物づくり事業と位置づけ、箸から器まで子供に作らせている。そーめんはうまかったね。

庄の原ソーメン流し.JPG

豊府社協が研修

 豊府校区社会福祉協議会(高屋亨会長)では、7月30日役員10名で竹田方面へ研修に行った。  竹田の町並を散策し、滝廉太郎記念館を見学、ここは廉太郎が12才〜14才まで過ごした所だそうです。  緒方町では歴史民俗資料館を見学し、学芸員から興味深い展示物の説明を聞いて知識を増やし、帰りには原尻の滝に寄って、雄大な風景に圧倒されて帰途につきました。

かりん海道歌会〔8月歌会〕川野里子 選

あのニュースの続きの夏の土曜日の

公園で飲むストロング・ゼロ

岡方 大輔

あこがれのままで終わりしあの人の

名前を目にする訃報の記事に

横田美貴子

光合成繰り返している恋らしい

大胆不敵の母でありたし

平山 繁美

促音の「っ」を物堅く声に出す

人はくしゃみをする時いかに

御沓 辛止

あの世への近道のやうな青葉風

病む娘かばひてゆつくり歩む

濱本紀代子

窓越しの月のひかりはやはらかく

眠れぬ夜には羊がゐない

左東 清子

眠りゐる山を起こさず乗合ひの

バスはゆつくり通り過ぎゆく

平田千代子

身の裡になみだをこぼす海をもつ

母がうなずくイルカのようだ

檜垣 実生

入会希望者の方ご連絡下さい📲090-4780-6128檜垣まで

次回は9月7日(土)13:00~ ホルトホール大分

水仙俳句会 〔7月句会〕 万葉太郎 選

灯籠の海で繋がる天の川 

河野 秀子

荒梅雨にそこから痛みほとばしる 

渡辺 籾恵

梅干の皮もきれずに梅雨愁う 

佐藤りゅう

老人性不眠の夜明け合歓の花 

本田 陽子

初鳴きの蝉裏庭によく響き 

川野 信江

歌聴くとひばり御殿を思うかな 

河野 武男

南風ため息つめている美ら儒艮(ジュゴン)

佐藤 水穂
儒艮の霊に土砂の降り継ぐ沖縄忌  

中村 正幸

G20も関係なしと猫の夏 

福白 虎春

宰相も斯く捨てたしと黴帽子 

田口十糸子

参加希望者は☎543-9379まで

次回は9月17日(火)AM10:00~です。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com