© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

南大分マイタウン 本誌 第403号・令和元年10月1月

百歳記念 夢豈の四国八十八ヶ所札所巡り

第三番札所  亀光山 金泉寺

 屋島の戦いに向かう源義経が、戦勝を祈願した寺として知られる金光寺。

 太鼓橋は、カラーだとまっ赤に塗られています。天平年間(729〜749)、聖武天皇の勅命を奉じた行基の開基で、もとは金光明寺と呼ばれていたが、弘法大使が境内の一隅から湧く泉の中に黄金を見つけたことから金泉寺と改められたと伝えられています。その「小金井の泉」は、現在も閻魔堂のそばにあり、その泉に顔を映して自分の顔が見えたら、92歳まで生きることができるという伝説も残っています。

 義経と一緒に村人のお接待を受けた武蔵坊弁慶が、返礼代わりに持ち上げたとされる「弁慶の力石」も本坊前の庭園に残っています。

 それにしても絵としたの写真はそっくりですね。

水墨画.jpg
水墨画_実画像.jpg

今月の料理 秋野菜のグラタン

 抜けるような青空のもと、近くの小学校では運動会の練習が始まり、子どもたちの元気な声が聞こえてきます。

 この時期になると、店先には美味しそうなフルーツが所狭しと並んでいますが、その中でも美容効果の高い秋の代表格は「柿」です。柿はビタミンCが豊富で、みかんの2倍含まれています。また、カリウムも豊富なのでむくみ予防・改善が期待されます。柿を小さめにカットして、チーズと一緒にクラッカーにのせたり、キムチの中に入れても美味しいので、是非お試し下さい!

【材料】

かぼちゃ100g、しめじ半分、豚バラ2枚、蓮根1節、玉ねぎ半分、牛乳200㎖、生クリーム10㎖、小麦粉40g、シュレッドチーズ120g

【作り方】

①根菜をレンジで温め、火を通りやすくしておく。

②フライパンにバターを入れてから火を付け、具材を炒めていく。かぼちゃやさつまいもは煮崩れしないように、中火でしっかり炒める。

③②に小麦粉を振り入れ、牛乳と生クリームを入れて温める。

④とろみがついてきたら、スパイスと塩を少し入れて味を整える。

⑤耐熱皿に盛りつけ、チーズをたっぷりのせオーブントースターで焼く。お好みで最後にパセリを散らす。

薬膳美容料理研究家

坂本薫

☎545-5374

 地区青少協主催の講演会

 南大分地区青少年健全育成協議会(丸太幸夫会長)主催の講演会が9月7日南大分公民館多目的ホールであった。講師は気象予報士の松井渉氏、演題は「大分の天気と防災情報の活用」。集会室が工事中のため多目的での開催となったが、百人を超える人でいっぱいになった。近年の異常気象などが興味深いのだろうか。

南大分青少協講演会.JPG

 田中サロンで保健所の講話

 8月23日の田中サロンには、大分保健所から2人の職員が訪れて熱中症の予防法などの講話を行った。

 サロンの前では、来た人から順番に血管年齢を調べていたが、記者も調べましょうというので調べたら「若いですねー、50代です」と。階段を上ったばかりなので調べ直すとやっぱり70代だった。

田中サロン.JPG

かりん海道歌会〔9月歌会〕川野里子 選

シップ薬貼りくれし夫「よし!」と言ひ

必ず叩く今朝もたたかる

濱本紀代子

わが孫に忘れ去られしリカちゃんの

片腕さがす一日をかけて

左東 清子

菜の花の畑に児らの黄の帽子

分け入り消えて風になりたり

檜垣由美子

子は親の親は祖父母の血を継いで 

 どこからどこへ何をしに行く  

御沓 辛止

伸び縮みしつつ進める蝸牛

性別のなき軽さを背負う

平山 繁美

さびしさは糸が切れてるマリオネット

柱時計が十二時を打つ

矢野 和子

この道はいつか来た道田んぼ道

イオンで買った数珠をさげ行く

岡方 大輔

記憶とは打ち上げ花火海をこえ

かすかに聞こゆ空を打つ音

檜垣 実生

入会希望者の方ご連絡下さい📲090-4780-6128檜垣まで

次回は10月12日(土)13:00~ ホルトホール大分

水仙俳句会 〔8月句会〕 万葉太郎 選

蜜蜂の巣箱空っぽ徴兵か 

河野 秀子

戦争が合鍵作り秋を待つ 

渡辺 籾恵

戦さの話汗を拭いつなお問う子ら 

中村 正幸

落ち蝉を繁みに戻し子等走る 

佐藤りゅう

七月や愚直に手を振る交叉点 

永田 陽子

燻り続ける二歳児のズボン原爆忌 

佐藤 水穂

冤罪許さじ炎天下の肥後走る友 

河野 武男

人間の驕りや晩夏へいそぐ空 

川野 信江

手花火を囲む母の手その孫も 

田口 兵衛

鳴き切って燃えきって蝉句集の上 

田口十糸子

参加希望者は☎543-9379まで

次回は10月15日(火)AM10:00~です。