© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

南大分マイタウン 本誌 第404号・令和元年11月1月

百歳記念 夢豈の四国八十八ヶ所札所巡り

第四番札所 黒巌山 大日寺

 第四番札所大日寺は、三方を山に囲まれ、車の行き交う県道12号から外れ、奥まった静寂の地にあり、いかにも山寺の風情が漂う。第一番札所霊山寺を発って歩きはじめた初めてのお遍路さんたちにとっては、いよいよ四国霊場巡りに来たという気持が深まるのではなかろうか。

 山沿いの道を抜け、小川の橋を渡ると朱色の山門がある。山門の二階には梵鐘が吊るされており、一階の山門は角柱、二階の鐘楼は丸柱という変わった造りになっている。

 山間をくぐって石段を上った正面が本堂で、右側の回廊伝いに大師堂がある。ここの渡り廊下に西国巡礼の観音像を模した33体が安置されている。

 寺伝によると、弘法大師が当地に長く留まって修法していた時に大日如来を感得したことから、一寸八分(約5・5㎝)の大日如来像を刻んで本尊としたというが、本尊は今もなお秘仏であり、拝観することはできない。

 現在の真鍋俊照住職は、四国大学文学部教授でもあり、密教美術作家としても知られている。仏画の妙手で、曼荼羅図などの個展でも地域の人に親しまれている。

水墨画.jpg
水墨画_実際の場所.jpg

今月の料理 切り干し大根の活用

    落ち葉の散り敷く季節となりました。子どもたちの学校でも体調不良の子が多く、うがい手洗いだけでなく、人混みの中ではマスク着用も励行した方がいいようです。

 寒くなるのに伴い、体はエネルギーを蓄えようとするので、積極的に黒い食べ物(黒豆、黒ゴマ)や赤味肉、牡蠣、ホウレン草、きのこ類などを摂り、腸内環境を改善して代謝を上げると風邪をひきにくい体になります。

    さて、先月嬉しいことに読者の方からリクエストをいただきました。その中から余りがちな切り干し大根を使ったメニューを紹介します。是非作ってみて下さい。

【材料】

豚バラ肉50g、切り干し大根40g、ニラ半束、にんにく1片、赤唐辛子1本、白ごま大1(合わせ調味料)醤油大2、砂糖大1

みりん大1、酒大1、オイスターソース小1、コチュジャン小1、酢小1

【作り方】

①切り干し大根は水につけてもどし、3㎝の長さに切る。にんにくはみじん切りにし、豚肉は一口大に切る。赤唐辛子は種をのぞいておく。

②にらは食べやすい長さに切る。

③フライパンにごま油を熱し、にんにくのみじん切り、赤唐辛子を入れ、香りがたったら①の切り干し大根と豚肉をほぐしながらしっかりと炒める

④③ににらを入れてさらに炒める。

⑤全体に火がとおったら、合わせ調味料を入れ白ごまをふる。

薬膳美容料理研究家

坂本薫

☎545-5374

切り干し大根の活用.jpg

 福徳学院主催 ジュニアテニス選手権

 第13回福徳学院高等学校長杯ジュニア選手権大会が、9月28日(女子)29日(男子)庄の原の学院テニスコートで開催された。参加者は中学生以下で、女子9名、男子11名が熱戦を繰り広げた。

女子成績

①長岡咲樹(中津テニスクラブ)②梶原愛佳(日田テニス協会)③安廣有純(北九州ウエスト)③渡邊彩花(MC.FORD)

男子成績

①中島大和(吉野中学校)②森山滉斗(別府クラブ)③吉原正登(同)③坪根寛太(ラフ)。

福徳中学生テニス.JPG

 荏隈校区のびっこクラブハロウィン大会

 荏隈校区民生児童委員協議会が運営する「のびっこクラブ」は、10月15日ハロウィン大会を行なった。当日は幼児8人、大人は保護者と民生委員13人でカボチャのオバケとコウモリのお面などを、ハサミで色紙を切ったり糊付けしたりして楽しんだ。

 作り方やサンプルを見ながら、多くのかわいいオバケのハロウィンが出来上がったが、どっちかというと子供より大人の方が楽しんでいたかも知れない。

のびっこクラブでハロウィン.JPG

かりん海道歌会〔10月歌会〕川野里子 選

カルピスが瓶からプラに変わるころ

結露だらけの恋をしていた

平山 繁美

たわむれに指ピストルを学童に

向ければ子らは死んでくれる、ノリで

岡方 大輔

わが父は水軍のごとき航海士

あには機関士われ通信士なり

檜垣 実生

蝉時雨木陰に雌は潜みつつ 

よき遺伝子を聞き比べてる  

御沓 辛止

子は遠しカラスのえんどう吹く朝

働き盛りと締めてみる

野上ノブコ

診察に女医さん我にあなたはね

背負ふものが重すぎるねと

濱本紀代子

「我が食べる程のお米を植ゑんかね」

端植ゑの苗孫にも手渡す

渡部 裕子

みてみてと白き小鳥のとまるごと

今が見頃の山法師さく

左東 清子

入会希望者の方ご連絡下さい📲090-4780-6128檜垣まで

次回は11月9日(土)13:00~ ホルトホール大分

水仙俳句会 〔9月句会〕 万葉太郎 選

共闘の節が根を出し草茂る

河野 秀子

背中にかく七十路の汗奮い立つ

河野 武男

蟻地獄「表現の自由」辿りつつ

本田 陽子

秋飛翔俳人九条群読成る

中村 正幸

酷暑中鬼ごっこの鬼逃げて行く

佐藤 水穂

長き夜の病衣なじまず膨ら脛

渡辺 籾恵

川霧満つ高き木の上鷺数多

川野 信江

敬老会オープニング太鼓に血の躍る

佐藤りゅう

願かける花火明かりの消えぬ間に

田口 兵衛

非核なき祖国の首相に大あくび

田口十糸子

参加希望者は☎543-9379まで

次回は11月19日(火)AM10:00~です。