© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

南大分マイタウン 本誌 第406号・令和2年1月1月

夢豈の四国八十八ヶ所札所巡り

第六番札所 温泉山安楽寺

 安楽寺の朱塗りの山門の階段を上がると、楼上には梵鐘が吊ってある。門をくぐると、正面に本堂。堂宇は本堂から右回りに、八角の万霊塔、遍照閣(大師堂)、宿坊、本坊の順に並ぶ。観音堂は本堂の向かって左側にある。

 山号を温泉山というように、この地には昔から温泉が湧き出ていた。弘仁2年(811)、弘法大使が難病で苦しんでいる人のために、温泉の功徳を説き、傍らに堂宇を築き、本尊の薬師如来を安置したのが寺の始まりと伝えられている。天正年間(1573〜92)に長曽我部氏の兵火で消失、のち現在地に移った。

 寺は第1番札所から約17㎞地点にある。歩き遍路なら初日の疲労感を覚える頃だ。町内外の人々も出入りする、良質の温泉がある宿坊と食堂があるのがうれしい。

水墨画.jpg
水墨画_実画像.jpg

今月の料理 冬のクラムチャウダー

 初春の候、新春のお慶びを申し上げます。今年も皆様が健やかな1年を過ごされますよう、食をとおして応援しております。

 新しい年を迎え、寒さはこれからが本番で「寒の入り」に入ります。この時期、冷えからくる腰痛に気を付けましょう。身体の中から温まるよう、朝ホットミルクに生姜と蜂蜜を入れて飲むと、芯から温まります。また、就寝時の腹巻きも効果的ですよ!

 年末年始に弱っている胃に優しいクラムチャウダーを紹介します。とても優しい味で何度も食べたくなるので、是非作ってみて下さい。

    さて、年末になると必ず作る伊達巻を紹介します。これは母が作る伊達巻が一番美味しいのですが、試作を重ねてこれに辿り着きました。

【材料】

あさり20粒、しめじ半株、じゃがいも1個、にんじん小1本、玉ねぎ半個、カリフラワー適量、ベーコン3枚、にんにく1片、バター30g、白ワイン大2、水200cc、小麦粉大1、牛乳500cc、コンソメ1個、白だし大1、塩こしょう少々、パセリ少々

【作り方】

① あさりは砂抜きをし、水を捨てて30分置く。

②しめじはほぐし、じゃがいもとにんじんは角切りにし、玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。

ベーコンは1㎝角に切りカリフラワーは小房に分ける。

③鍋にバター10gとにんにくを入れ香りが出たら、あさりと白ワインを入れアルコールを飛ばす。

水を加えてふたをし、蒸し煮にする。

④ 鍋に残りのバター20gを熱し、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、しめじ、ベーコン、カリフラワーの順に加えてよく炒める。

小麦粉を少しずつ加え、その都度粉っぽさがなくなるように炒める。

⑤ ④に牛乳と白だしを加えてひと煮立ちさせ火を止める。

塩こしょうで味を整えたら器に盛り、お好みでパセリのみじん切りをちらす。

薬膳美容料理研究家

坂本薫

☎545-5374

今月の料理.jpeg

行政書士の無料相談会1月22日

 行政書士による無料相談会が1月22日(水)午後1時から4時まで、溝邉総合法務事務所内で開催されます。相続・遺言・成年後見・就労ビザ・国際結婚・親子や夫婦関係についての心配事、また、会社設立を考えている方、その他お困り事があれば、この機会に相談してみませんか。相談は無料。秘密は厳守されます

お問い合わせ

溝邉総合法務事務所、大分市三ヶ田町3-2、パチンコ湖月斜め前

☎︎547-9333、090-8913-3681

 各地で防災訓練

 花園町内では11月23日同町公民館に大分県防災アドバイザーを招いて「地震発生時の心構え」を講演した。豊饒は24日天満社横の空き地で消火訓練を実施した。羽屋は12月7日羽屋公園で消火訓練、公民館では城南の園田百喜氏を講師に、毛布で簡易担架の作り方を学んだ。ツインプラザも同日集会所で人工呼吸やAEDの使い方を学んだ。中の瀬は12月15日集会所でAEDの使い方を、公園では地震体験車に試乗した。

中の瀬防災訓練.JPG
防災訓練.jpg
ツインプラザ防災訓練.JPG
豊饒防災訓練.JPG
花園防災訓練.JPG

 荏隈社協がクリスマスプレゼント

一人暮らしのお年寄りに

 荏隈校区社会福祉協議会(篠田米蔵会長)が12月16日一人暮らしのお年寄りにケーキなどをプレゼント。荏隈公民館でボランティアさんなど35名が包装などし、231名の方を戸別に訪問してプレゼントを届けた。

荏隈社協がクリスマスプレゼント.jpg

かりん海道歌会〔12月歌会〕川野里子 選

わがこころに付箋一枚はりつけて

昨日のぼくを海にしずめる

檜垣 実生

どのページひらいてみても水音が

やまないあなたは海なのだろう

平山 繁美

死んだはずのアナスタシアとこれから死ぬ

はずのだれかがまじり出す未明

岡方 大輔

目の上のたん瘤みたいに見えるだろ

月から地球を仰いだならば

御沓 辛止

だんだんと人の怖さに慣らされて

死者の巡りにたむろしている

梅原 秀敏

ルイ・アームストロング唸る大地の噴火口

この星に住み秋雲紡ぐ

平田千代子

麻酔打ちごめんと若き歯科医言ふ

「なんのこれしき三人産んだよ」

濱本紀代子

住む人の病みて手入れも出来ざれば

家も病むなり荒れて刃向かう

野上ノブコ

入会希望者の方ご連絡下さい📲090-4780-6128檜垣まで

次回は1月5日(土)13:00~ ホルトホール大分

水仙俳句会 〔11月句会〕 万葉太郎 選

渋柿やメディアの忖度量り売り

佐藤 水穂

身の丈の暮しを生きて大根干す

岩田ゆきこ

浜菊の九条看板柏島

河野 武男

秋雨や戦地へ行くごとバイク来る

永田 陽子

砂を噛む政治災害冬に入る

田口 兵衛

「改選議席三分の二割る」除夜の鐘

中村 正幸

墓原か反映拠点か靄ビル群

佐藤 林子

石蕗の花咲き満ち廃屋又一つ

渡辺 籾恵

木通引けば村の肋骨へ辿りつく

河野 秀子

イラン女性の頬に青跳ぬサッカー戦

田口十糸子

参加希望者は☎543-9379まで

次回は1月21日(火)AM10:00~です。