南大分マイタウン 本誌 第409号・令和2年4月1月

福徳学院高校学園便り

第71回卒業証書授与式

 2月29日(土)、令和元年度第71回卒業証書授与式が挙行されました。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、参加者は、卒業生、保護者、職員のみとなり、式も縮小した形での卒業式となりましたが、卒業生は、保護者の皆さんと職員の温かい拍手で迎えられました。各担任から、名前が読み上げられると、緊張しながらも大きく返事をし、各科の代表が校長先生より卒業証書を授与されました。

 卒業生を代表して、上向井愛華さん(大在中学校出身)が卒業生代表の挨拶を述べました。上向井さんは最初に、一緒に卒業式を迎えられたことに対しての感謝の気持ちを述べ、3年間共に過ごした仲間との日々や、各行事の思い出を語り、これまで関わってくれた全ての方々へお礼の言葉を述べました。両親への感謝を述べる際には、感極まり涙する場面もあり、多くの生徒、保護者に感動を与えました。

 卒業生は、4月より県内外に進学、就職し、自分の夢に向けて新たなスタートラインに立ちます。福徳学院高等学校で学んだことをいかし、それぞれの進路で活躍してほしいと思います。卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。

(企画部 中津熊 英理)

福徳学院2.jpg

 中学2年生対象高校見学会

 2月15日(土)、中学2年生に高校への興味関心を高めてもらうために、高校見学会を行いました。今年で10回目を迎えるこの見学会には、大分県内から約120名の中学生が参加してくれました。はじめに高校の説明が行われ、その後は本校の5つの学科コースを回り、科・コースの紹介や体験学習が行われました。短い時間でしたが、中学生は普段体験する事の出来ない専門的な授業に目を輝かせていました。

 令和2年度も中学3年生を対象に、体験入学を3回予定しています。1回目は7月4日(土)です。多数のご参加をお待ちしています!

福徳学院3.jpg
福徳学院1.jpg

今年も教室講座生募集 南大分公民館

 南大分公民館では今年も多くの教室・講座を開設します。毎年思うばかりで、始められなかったことに今年こそ挑戦してみましょう。友達も出来ますよ。

子どもたちのために

おもしろ科学実験教室 第3土曜10〜12時、9回、材料費1800円、5月16日開級

子ども料理教室 第2土曜10〜12時、9回、1800円(材料費5000円)、5月9日開級

子どもいけばな教室 第2土曜10〜11時、10回、2000円(材料費3000円)5月9日開級

子ども新舞踊教室 第1・3土曜10〜11時30分、20回、4000円(材料費別途)、5月2日開級

女性のために

女性ネットワーク「かがやき」 第3水曜日10〜12時、10回、2700円(材料費別途)、5月20日開級

暮らしに役立つメディカルアロマ 第4水曜9時30分〜10時30分、5回、1500円(材料費3000円)、5月27日開級

高齢者のために

さわやか健康体操 第1・3・5火曜10〜12時、15回、4500円、5月19日開級

成人のために

絵本のとびら 第2火曜10〜12時、9回、無料、5月12日開級

おおいたの歴史と文化塾毎木曜10〜12時、10回、3000円、5月7日開級

陶芸教室 第1火曜10〜12時、9回、2700円、5月12日開級

大人の折り紙教室 金曜9時30分〜11時30分、10回、5月1日開級

美☆ピラティス 第2・4水曜10時30分〜11時30分、20回、6000円、5月13日開級

豊かな地域づくりのために

みなみおおいた発見 第4土曜13時〜15時、8回、無料、5月23日開級

暮らしの中の人権講座 8月19日、10月14日、12月2日、10〜12時、3回、無料

人権・同和問題専門講座 9月2日、16日、10月7日、21日、11月4日、5回、無料

パソコン教室

インターネット入門教室5月8日、12日、15日、19日、22日、5回、14〜16時、1500円、5月8日開級

あたたかい家庭づくりのために

なかよしクラブ 金曜10〜12時、10回 材料費2000円、5月15日開級

3歳児体操教室 火曜14〜15時、20回、4000円、5月12日開級

音たまご 第1・3木曜11〜12時、8回 材料費500円、5月7日開級

音つみき 第1・3木曜10〜11時、15回、3000円(材料費500円)5月7日開級

子育てママのリフレッシュタイム 第4火曜10〜12時、7回、2100円(材料費別途)、5月26日開級

 お申込みは公民館窓口、電話、往復ハガキで4月2日〜16日の間にお願いします。

〒870−0858大分市豊饒3丁目9番26号☎︎544−6688

大分市のホームページ「オンラインサービス」↓「電子申請」からもOKです。

身近な行政相談258

~ボランティアでごみを集めたのに…~

〈このような相談がありました〉

 行政相談委員が、「街路樹の落ち葉が側溝にたまって困っていたので、清掃してビニール袋に入れ、ごみ出ししたところ、回収されなかった。指定のごみ袋ではお金がかかるので、何か良い方法はないか教えてほしい。」との相談を受けました。

〈このように対応しました〉

 相談を受けた委員は、相談者に対して、役所が登録している清掃のボランティア活動を行っている地域を対象に、専用のごみ袋(ボランティア袋)を無料で配布していることを伝え、更に、専用のごみ袋(ボランティア袋)をもらいたい場合の手続の流れやごみ出し方法についてもアドバイスしたところ、大変喜ばれました。

 このように、行政相談委員は、関係機関に対して、苦情の通知等を行うだけでなく、各種制度の案内も行っております。

 身近なことで困ったことがあれば、お気軽に、お近くの行政相談委員へ御相談ください!御相談は無料で予約不要です。また、秘密は厳守されます。

(参考情報:大分市のHPから)

 大分市の場合、「ごみ拾いパートナー登録制度」という制度があり、市内の公共の場所でごみ拾いをされる個人・団体に対し、ボランティア専用袋を交付し、地域の美化活動の支援を行っているようです。個人の場合、月10枚まで、団体の場合、月100枚までなど、専用袋の交付枚数には限りがあるようです。

 具体的な手続方法等について気になった方は、大分市環境部ごみ減量推進課(537ー5687)が問合せ窓口となっていますので、こちらにお問合せしてみてください。

~役所の仕事に対する苦情等がありましたらお気軽にご相談ください~

○最寄りの行政相談所

行政相談委員(注)が開設する行政相談所の開設日程については

[総務省大分行政監視行政相談センター「きくみみ大分」☎097-533-1100]まで、お問合せください。

 (注)行政相談委員は、総務大臣が委嘱した民間有職者で、各市町村に1名以上配置され、国民の身近な場所で行政に関する苦情等を受け付け、その解決のための助言や関係機関への通知等を行います。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com