南大分マイタウン 本誌 第409号・令和2年4月1月

伝えよう!いのちのつながり

「家族のきずな」エッセイコンクール優秀作品

 令和元年11月23日大分県教育会館で開催された「伝えよう!いのちのつながり『家族のきずな』エッセイコンクール」の入賞作品発表と表彰式、作文朗読会において、小・中学生対象の応募作品が6,370点あったこと、その内85点が優秀作品に選ばれたことが発表された。主催は大分モラロジー事務所。昨年で15回目。評価は字や文章のうまさよりも、体験を通して感動や共感を呼ぶ作品を重視している。本紙では南大分地区内の入賞作品を数回に分けて掲載します。

大切な事を学んだ旅行

城南小学校五年 髙田 果歩

わたしは、六月の初めに

家族とおじいちゃんとおばあちゃんといとこで

鹿児島の知らんと指宿に旅行に行きました。

知らんで「知らん特攻平和会館」に行きました。

戦争でばくだんを積んだ戦とう機で飛び立つ前に

家族にかいた手紙などが展示していました。

ほとんどがお母さんにあてて書かれた手紙でしたが

わたしが一番心に残ったのは、

お父さんだった特攻隊員が二人の子どもにあてて書いた

手紙です。

その手紙は子どもが読みやすいように

カタカナで書かれていました。

お父さんが子どものことを思い

自分の命より大切にしていることが伝わる手紙でした。

わたしは、今平和で家族と毎日すごせることをあたりまえに

思っていましたが、このような時代があったからこそ

今のわたしたちが平和にくらせるのだと思いました。

旅行の帰り道、

戦争のことについて、おじいちゃんに聞いたりして

みんなで話しとても勉強になる旅行になりました。

はなれて知った家族の温かさ

城南小学校六年 永田 咲愛

「じゃあ行ってくるからお土産待っててね。」

まだねている妹にそう声をかけて、

私は一泊二日の修学旅行に出発した。

お土産屋さんで妹の好きなキャラクターの

キーホルダーを見つけた。

妹の喜ぶ顔が目に浮かんだので迷わずかごに入れた。

学校に到着するとたくさんの人がおむかえに来ていた。

その中にお母さんと妹の姿があった。

私は二人の姿を見つけると、ホッとした気持ちになった。

帰ってから妹にお土産のキーホルダーを渡すと

とても喜んでくれた。

その日の夕食は私の好きなものばかりが並んだ。

お母さんが「お姉ちゃん喜ぶかなぁ」

と言いながら妹もお手伝いしてくれた事を話してくれた。

一日会わなかっただけでも、お母さんのご飯がなつかしく感じた。

そして、私の喜ぶ顔を思い浮かべながら

ご飯を作ってくれている事もわかり、とてもうれしかった。

いつもはあたり前の様に思っていた事も、

離れてみてありがたく感じた。

その気持ちをこれから返していきたいと思う。

職人の手

南大分中学校一年 森 来理

私のおじいちゃんは、畳屋をしています。

おじいちゃんは、たばこくさくて、

お酒をたくさん飲むところは、あまり好きではありません。

ですが、仕事をしている姿はとてもかっこいいです。

大きな手で、私では持てないくらい重たい畳を

軽々と持ち上げます。

大きな手で、機械を使って、畳の帯をぬいつけます。

今はおじいちゃんは、店長を引退して、

次の世代につないでいます。

私は、おじいちゃんの畳屋が大好きです。

そして、おじいちゃんの大切にしている畳が

これからもずっと受けついでほしいです。

おじいちゃん。これからも、長生きして、

世界一の畳職人を目指してがんばってね。

お酒の飲み過ぎや、たばこの吸いすぎには、気を付けてね。

また今度、遊びに行くよ。

大好きだよ。

藤永みたかさんのアート

 大きな口をあいた提灯鮟鱇、子供より大きい蚊、藤永さんのアートはユニークだ。裸婦みたいなもの、リヤカーを引く人、ボイラーの一部のような物、開かないドアとか、どれも生活の役に立ちそうもないものばかりだが、笑いだしたくなるようなユーモアがあふれている。一度ご覧あれ。

藤永みたかさんのアート1.jpg
藤永みたかさんのアート2.jpg

公務員・教員、平日クラス開講!! ㈱キャノンラボ

 教員採用試験・公務員採用試験平日クラスを開講します。

 各クラス定員6名〆切です。教員採用は校種・教科を問いません。1次から3次試験まで全て対応します。

 公務員採用は一般・消防・警察の職種に合わせて対応します。昨年は教員17名合格。公務員は大分市・佐伯市・学校共済等に合格しました。

 日本ビジネス・スクール大分校での30年間の公務員指導実績があります。少数精鋭で公務員資質を作っていきます。

 詳しくはHPで合格者体験談をご覧下さい。

 又、中学・高校受験対応を行なっています。お電話下さい。

㈱キャノンラボ 大分市田中町2丁目7−3内野ビル097−547−0745

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com