南大分マイタウン 本誌 第410号・令和2年5月1月

福徳学院高校学園便り

令和2年度入学式を終えて

令和2年度入学式を終えて

 桜舞う、うららかな春の日差しの中、本校体育館にて、令和最初となる入学式が行われました。

 普通科(スポーツ強化コース・ITライセンスコース)26名、トータルビューティ科50名、こども教育科36名、健康調理科34名の合計146名が坂田校長より入学を許可されました。今年度は、コロナウイルス感染拡大防止のため、式には入学生、本校職員、保護者の方原則1名のみの参加となりましたが、多くの方々から、温かいお祝いの言葉や祝詞を頂き、新入生は緊張しながらも、これから始まる高校生活への期待で目を輝かせていました。式の中で、入学生を代表し、舛永咲悦さん(国東中学校出身:トータルビューティ科)が、「校則及び諸規則を遵守し、自分の目標をしっかり持ち、それぞれの科・コースにおいて学習や校友会活動に精一杯励みます」と力強く宣誓をしました。

 式後のホームルームでは、各担任の自己紹介や高校生活についての話がありました。今年度においては、実施への不安の声もありましたが、入学式は、中学生から高校生へと気持ちを切り替え、新たな出発をするための節目となる大切な行事ですので、規模を大幅に縮小した形ではありますが無事に新入生を迎えられたことを大変うれしく思っています。

 今年の1年生の学年目標は、【オールクリア】〜新しいスタート〜です。高校生としての自覚と、将来の自分についての目標を明確に持ち、これからの3年間を有意義に過ごしてほしいと思います。

福徳1.jpg
福徳2.jpg

今年も教室講座生募集 南大分公民館

 南大分公民館では今年も多くの教室・講座を開設します。毎年思うばかりで、始められなかったことに今年こそ挑戦してみましょう。友達も出来ますよ。

子どもたちのために

おもしろ科学実験教室 第3土曜10〜12時、9回、材料費1800円、5月16日開級

子ども料理教室 第2土曜10〜12時、9回、1800円(材料費5000円)、5月9日開級

子どもいけばな教室 第2土曜10〜11時、10回、2000円(材料費3000円)5月9日開級

子ども新舞踊教室 第1・3土曜10〜11時30分、20回、4000円(材料費別途)、5月2日開級

女性のために

女性ネットワーク「かがやき」 第3水曜日10〜12時、10回、2700円(材料費別途)、5月20日開級

暮らしに役立つメディカルアロマ 第4水曜9時30分〜10時30分、5回、1500円(材料費3000円)、5月27日開級

高齢者のために

さわやか健康体操 第1・3・5火曜10〜12時、15回、4500円、5月19日開級

成人のために

絵本のとびら 第2火曜10〜12時、9回、無料、5月12日開級

おおいたの歴史と文化塾毎木曜10〜12時、10回、3000円、5月7日開級

陶芸教室 第1火曜10〜12時、9回、2700円、5月12日開級

大人の折り紙教室 金曜9時30分〜11時30分、10回、5月1日開級

美☆ピラティス 第2・4水曜10時30分〜11時30分、20回、6000円、5月13日開級

豊かな地域づくりのために

みなみおおいた発見 第4土曜13時〜15時、8回、無料、5月23日開級

暮らしの中の人権講座 8月19日、10月14日、12月2日、10〜12時、3回、無料

人権・同和問題専門講座 9月2日、16日、10月7日、21日、11月4日、5回、無料

パソコン教室

インターネット入門教室5月8日、12日、15日、19日、22日、5回、14〜16時、1500円、5月8日開級

あたたかい家庭づくりのために

なかよしクラブ 金曜10〜12時、10回 材料費2000円、5月15日開級

3歳児体操教室 火曜14〜15時、20回、4000円、5月12日開級

音たまご 第1・3木曜11〜12時、8回 材料費500円、5月7日開級

音つみき 第1・3木曜10〜11時、15回、3000円(材料費500円)5月7日開級

子育てママのリフレッシュタイム 第4火曜10〜12時、7回、2100円(材料費別途)、5月26日開級

 お申込みは公民館窓口、電話、往復ハガキで4月2日〜16日の間にお願いします。

〒870−0858大分市豊饒3丁目9番26号☎︎544−6688

大分市のホームページ「オンラインサービス」↓「電子申請」からもOKです。

南大分公民館 9月末まで使えません

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国に拡大されたことにより、南大分公民館の使用が9月末日まで出来なくなりました。したがって、この頁の上の「南大分公民館教室生の募集」も10月からの後期生の募集になります。

身近な行政相談259

~独居の高齢者の生活不安解消~

〈このような相談がありました〉

 行政相談委員が、恒例で一人暮らしをしている住民から、「介護サービスを受けるような状態ではないものの健康状態は万全ではなく、一人で生活していくことが不安であるが、どうにかならないだろうか。」との相談を受けました。

〈このように対応しました〉

 相談を受けた委員は、相談者に対して、「生活支援ハウス」という一定の年齢を超えた高齢者の方で、独立して生活することに不安がある方を対象に、住居の提供や各種相談助言などの支援等が行われる制度・サービスがあることを紹介しました。

 その後、手続が進み、相談者は同ハウスへ入居できることが決まり、大変喜ばれました。

 身近なことで困ったことがあれば、お気軽に、お近くの行政相談委員へ御相談ください!御相談は無料で予約不要です。また、秘密は厳守されます。

(参考情報:大分市のHPから)

 生活支援ハウスとは、60歳以上で高齢等のため独立して生活することに不安のある人を対象に、住居の提供や各種相談助言などを行うサービスです。

 なお、介護保険の認定が要支援2の方などはサービスの対象外となったり、本人の収入に応じて利用料がかかったりと条件があるようです。

 具体的な手続方法等については、大分市福祉保健部長寿福祉課(537−5747)が問合せ窓口となっていますので、こちらにお問合せしてみてください。

~役所の仕事に対する苦情等がありましたらお気軽にご相談ください~

○最寄りの行政相談所

行政相談委員(注)が開設する行政相談所の開設日程については

[総務省大分行政監視行政相談センター「きくみみ大分」☎097-533-1100]まで、お問合せください。

 (注)行政相談委員は、総務大臣が委嘱した民間有職者で、各市町村に1名以上配置され、国民の身近な場所で行政に関する苦情等を受け付け、その解決のための助言や関係機関への通知等を行います。

記事の訂正

 先月号の記事で、賀来新川9組10組が下片面に編入とあったのは、賀来新川13組1、13組の2の間違いでした。お詫びして訂正いたします。

姫島のアサギマダラ 渡辺廣善さん(荏隈)の撮影

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com