南大分マイタウン 本誌 第410号・令和2年5月1月

ラベンダー(更年期専門)外来 最近の話題「オンライン診療、会議、飲み会」

医療法人社団愛育会 曽根崎産婦人科 院長 衛藤 真理

 あれから一ヶ月が過ぎ、コロナの件が大変な事になってきたことは、皆ひしひしと感じていることと思います。コロナのせいで、困ったことばかりですが、少しだけ良いこともありました。先月書いた緊急避妊ピルを含めて、以前より検討されていたオンライン診療が急に進みました。人と人の接触を避けるために、医療機関を受診しなくても、電話やファックスや、携帯電話のアプリから申し込むと、薬を近くの薬局で受け取ったり、宅急便で送ってもらう事が可能になりました。緊急避妊ピルは、妊娠しそうな危険日にコンドームが破れたり、うっかり中出ししてしまった時など、72時間以内にのむと妊娠が98%くらい避けられるという物です。時間に余裕がないため、なるべく速く薬を手に入れたいのに、休みで病院が開いてないとか受診する暇が無いとかだと間に合いません。また、近くに産婦人科がない所もたくさんあります。そんな時、アプリから申し込み、手順に従って、自分を証明する免許証や保険証などを写メって送ると、医師につないでくれて、質問に答えて診療を受け、薬を送ってもらうことが出来ます。お金はクレジットカードやペイペイなどで、後で払います。スピード感が必要なので、以前より懸案になっていましたが、まあ、ぼちぼちでんなーと言うところでしたが、この騒ぎで長期に続けている他の薬もなるべく対面診療なしで継続させようということで、急にオンライン診療も進んでいます。オンライン診療のことを、オンライン勉強して、資格を取らなくてはなりませんので、今、その申し込みをしていますが、なにしろ、接触を避けるために、何でもオンラインですから、アナログ寄りの私には、なんでもめんどくさいです。登録のために、名前や電話番号を入れても、なかなか登録画面に進まない事が多々あり頭にきます。このコロナ禍はまだまだ続きますので、オンライン診療をするために、オンライン登録をすることは、今だけの問題ではなく、なんとかクリアしないといけない問題です。みんなに10万円くれる件も、銀行口座とマイナンバーが直結している米国は早いですが、日本はどんなシステムになるんでしょう。一昨年、中国の西安に秦の始皇帝の兵馬俑抗を見に行った時、なんでも携帯ペイペイで、カードも現金も役に立たずに、びっくりしました。ガイドブックに載ってる有名レストランで、料金を払おうとしたら携帯ペイペイだけというので、迎えに来たガイドさんに立て替えて払ってもらい、ガイドさんに現金を払いました。夜店のまんじゅうも、スイーツもドリンクもペイペイのみで、困りました。要は現金に代えるのが面倒なわけです。このコロナで、中国や韓国に遅れていた日本もこの携帯ペイペイは一気に進むと思われます。ラインで来た厚労省からのアンケートにもびっくりでしたが、携帯を使った会議やオンライン飲み会も盛んなようですね。

すこやか通信「中性脂肪に注意」

伊藤内科医院 院長 伊藤 彰

 5月に入って、汗ばむような日もありますが、皆さん、如何お過ごしですか?

 「中性脂肪」は、医療機関や健康診断で受ける検査でも目にする、なじみのある検査項目だと思います。

 コレステロールが動脈硬化に関係していることは、皆さんもご存じのことと思いますが、中性脂肪については、如何でしょうか。

 まず知っておかなければならないことは、中性脂肪とは、私たちが生きていくのに無くてならないエネルギー源だと言うことです。最も大事なエネルギー源であるブドウ糖が足りない時に、それを補う働きをしているからです。また、一部のビタミンを吸収するためにも必要です。

 中性脂肪は大事なエネルギー源ですから、体は可能な限り中性脂肪を取り込みます。しかし、中性脂肪が高い状態が続いて、体に過剰にたまってしまうと、皮下脂肪や内臓脂肪が増加して肥満となり、高血圧や糖尿病を引き起こしたり、悪化させたりします。

 空腹時の中性脂肪の値が、150㎎/㎗以上では、冠動脈疾患(狭心症・心筋梗塞など)が増える事から、150㎎/㎗以上の場合を高中性脂肪血症と診断します。

 高中性脂肪血症の食事療法・運動療法のポイントとしては、①禁煙し、受動喫煙を回避する②肥満を予防する③肉の脂身、乳製品、卵黄の過剰な摂取を抑え、魚介類、大豆製品の摂取を増やす④野菜、未精製穀類、海藻の摂取を増やす⑤アルコールの過剰摂取を控える⑥有酸素運動を毎日30分以上行う等があげられます。

 動脈硬化の予防には、コレステロール治療だけでは十分ではありません。中性脂肪についても、かかりつけの先生と相談して、血糖値、血圧、体重管理と併せて、しっかりと治療していきましょう。

みどりのお薬箱㉛

 前回の記事で、副作用を避ける方法をお伝えする予告をしていたのですが、世の中の状況を踏まえて、今回はマスクの上手な使い方について急遽お伝えしておこうと思います。

 マスクの有効性が有るか無いかと言われていますが、海外でもマスクの重要性は見直されてきている印象です。うつらない様にとの使い方だけでなく、うつるリスクを抑える働きを期待し、お互いが使う事で、危機性を下げる意味では効果があるのではないかと思います。ですが、使い方をきちんとしないともったいないです。鼻が出ている装着の仕方は、ほぼ意味がないです。口や鼻を覆って、皮膚に密着させて隙間ができないように使っていただきたいです。プリーツ式のであれば、私はワイヤーごと半分に折って、其の部分に鼻をつけてからプリーツを伸ばし、ワイヤーを頬の丸みに接着させる方法をとっています。こうすると、眼鏡のくもりも、同じ密室にいる間は気にならなくなりますのでお勧めです。

(有)みどり調剤薬局 豊府店 羽屋4-1-A

☎・540-7210 F・0120-08-3745

ひつじの健康相談 「新型コロナウイルスの嗅覚・味覚障害」

ほうふ耳鼻咽喉科院長 螻川内 英臣

A.3月の終わりに著名人が嗅覚・味覚障害で検査を受け、新型コロナウイルスに陽性と報道されました。このウイルスに陽性な人の30〜60%に嗅覚障害があると欧米の耳鼻科の学会で次々と報告されました。日本耳鼻咽喉科学会でも3月末に以下のようなお知らせが出ました。

 『嗅覚・味覚障害はインフルエンザや普通の風邪でも起こることがあり、新型コロナウイルスだけが原因ではない。また、新型コロナウイルスによる嗅覚や味覚の障害は自然に治ることが多く、特効薬もない。37・5度以上の発熱が4日以上続く場合や、咳、息苦しさ、だるさがあれば帰国者・接触者相談センターに相談を。急に匂いや味の異常を感じるようになった場合、新型コロナウイルスの感染であったときに周囲の人に感染を拡大する可能性があるので、2週間はできるだけ不要不急の外出を避け、その間、医療機関への受診は控え、体温を毎日測定し、手洗いをこまめにし、人と接するときはマスクをつける。嗅覚・味覚障害の治療は急ぐ必要はなく、自然に治ることも多いのでしばらく様子をみる。特効薬はないが、2週間たっても他の症状がなく、味覚・嗅覚が改善しない場合は耳鼻科受診を』

 新型コロナウイルス感染の症状が嗅覚・味覚障害のみだったり、他の症状に先行してでることもあるようですが、現時点ではこの症状のみでPCR検査を受けることはできません。今回の内容は診断や治療の進歩等により、短期間で変わることがあります。

 アレルギーや副鼻腔炎、めまいや耳鳴りといった慢性疾患は電話による再診を行っています(症状により診察が必要なことがあります)。また電話により受診の受付を行っていますので、お問い合わせください。

行政書士の無料相談会5月13日

 行政書士による無料相談会が5月13日(水)午後1時から4時まで、溝邉総合法務事務所内で開催されます。相続・遺言・成年後見・就労ビザ・国際結婚・親子や夫婦関係についての心配事、また、会社設立を考えている方、その他お困り事があれば、この機会に相談してみませんか。相談は無料。秘密は厳守されます。

お問い合わせ

溝邉総合法務事務所、大分市三ヶ田町1丁目3番3号、パチンコ湖月斜め前

☎︎547-9333、090-8913-3681

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com