南大分マイタウン 本誌 第410号・令和2年5月1月

夢豈の四国八十八ヶ所札所巡り

第十番札所 得度山 切幡寺

 一番札所から九番札所までトントン拍子で巡ってきたお遍路さんにとって、十番札所の切幡寺は一つの区切りになる札所だ。

 民宿や遍路用品店などが軒を連ねる細い路地を通り抜けた所が切幡寺の山門。上がり口に「是より333段」の道標が立っている。脇に本坊近くまで上れる車道が通っているが、ここまで来たら石段を足で歩いて登るべきだ。終盤の「女やくよけ坂」33段、「男やくよけ坂」42段を上りつめると、正面に本堂があり、右手に大師堂と鐘楼が並んでいる。本堂近くの大イチョウの木をはさんで、「はたきり観音」の大きな銅像が立っている。右手に鋏を持ち、左手に長い布を垂らして微笑んでいるように見える。これは昭和46年に造られたものでごく新らしい。縁起によると、弘仁年間(810〜824)山麓の貧しい村に機織娘がいた。立ち寄った弘法大師が、繕いのための布を求めたところ、娘が織っていた白布を惜しげもなく切り裂いて差し出した。大師は、父母の菩提を弔いたいという娘の願いを聞き入れ、千手観世音菩薩を刻んで贈り、娘を得度させ、密教における伝法の儀式を授けると、娘はたちまち即身成仏して観世音菩薩に姿を変えたと言われている。

111444777.JPG
水墨画_実画像.jpg

今月の料理 トマト餃子

 風薫る季節となりました。毎日、コロナ一色のニュースで気が滅入ってしまいますね。

 暦の上では、5月5日あたりから立夏になります。気温、湿度が共に上がるので、自律神経が乱れやすく、些細なことでイライラしたり、睡眠障害などが起こりやすい季節です。5月はゴールデンウィークもあり、休み疲れから体の中に不用な熱と湿が溜まるので、それを出す効果がある食材を上手に取り入れてみて下さい。

 スーパーなどで簡単に手に入る「青梗菜」は、清熱作用に睡眠障害などを解消する働きがあります。ごま油で炒めて、白だしとレモン汁、仕上げに少しの蜂蜜を入れるだけで、ナムル風の箸休めが出来ますのでやってみて下さい。

 ご自宅で過ごす日が増えた今、色々と試すいい機会です。サッパリとしたトマト餃子を作って免疫力をアップしましょう!

(トマト餃子)

【材料】

餃子の皮60枚、豚ひき肉200g、プチトマト10個、ニラ1束、キャベツ4枚、にんにく1片、生姜1片、ピザ用チーズ30g

オイスターソース大1、醤油大1、塩こしょう少々、味噌大1、ゆず胡椒少々、(ハネ水)水80cc、小麦粉大1

【作り方】

①ニラは1㎝幅に切り、キャベツは粗いみじん切りにする。プチトマトは8等分くらいの小さい角切りにして全ての材料を入れよく練る。

②餃子のタネを皮に乗せ、ピザ用チーズを乗せて包んでいく。油を熱したフライパンに餃子を並べ

よく混ぜたハネ水を餃子にかからないように回し入れる。

③ 水分がなくなったら蓋を取ってごま油をまわし、綺麗な焼き色がつくまで焼く。

薬膳・美容料理研究家、デコ巻きマイスター、 野菜ソムリエ

坂本薫

☎545-5374

今月の料理.jpeg

台風が来る前にもう壊れそう

 

壊しちゃった1.jpg

↓↓​↓↓​↓↓​↓↓​↓↓​↓↓​↓↓​

壊しちゃった!

 

壊しちゃった2.JPG

かりん海道歌会〔4月歌会〕川野里子 選

ひとりでは背中のファスナー上げきれず

隣家の猫のどこにも見えず

檜垣由美子

仏壇をひとり占めして淋しさう

あなたのそばはあたたかかった

左東 清子

風邪をひきレトルト粥をあたためる

気まま暮らしは引き算ばかり

横田美貴子

縄文の土器が世界に評価され

1億円で落札されたり

御沓 辛止

体中に潮のにおいが充ちてくる

アオサ貝汁うろこ食堂

檜垣 実生

一生にいくつの断念せなならむ

無言で蠟梅パシリと伐りぬ

濱本紀代子

〈木の上〉なる街に越し来てベランダに

きらめかせている指先に火を

岡方 大輔

七瀬ダム満水となり湖面には

オリオン泳ぐ闇となりゆく

平田千代子

矢野 和子

入会希望者の方ご連絡下さい📲090-4780-6128檜垣まで

5月の教室はネット開催です

水仙俳句会 〔3月句会〕 万葉太郎 選

菜の花畑についばむ小鳥空を忘れ

佐藤 水穂

菜の花や大地目覚めて九条の黄

渡辺 籾恵

怪三月学童一人道に見えぬ

永田 陽子

化石賞また日本に被さり列島冷ゆ

中村 正幸

今宵のテンプラわかさぎに添ってフキノトウ

河野 武男

地球小さくするウイルス冴え返る

河野 秀子

木枯や今日の気温に安堵する

甲斐  一

冬の虹二つ重なり平和の絵

万葉野生子

裸木ありたわわな星が過半数

田口十糸子

参加希望者は☎543-9379まで

次回は5月19日(火)AM10:00~です。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com