© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

ラベンダー(更年期専門)外来「最近の話題 経口避妊薬(以後ピル)の新しい飲み方」

医療法人社団愛育会 曽根崎産婦人科 院長 衛藤 真理

連続して内服する方法2 

 卵巣から出る女性ホルモンを妊娠した時と同じように連続して内服して、脳をだます方法がピルなのです。連続して内服すると、本当の妊娠なら、赤ちゃんが成長してくれて、280日後に生まれてくれるのですが、ごまかしの場合は、適当なところで 子 宮にたまった血液を外に出さないと あふれます。一般的なピルは 適当な間隔(28日毎)に月経を起こすのですが、月経痛がひどい困難症の方や、月経の前にいらいらがひどい月経前緊張症の方は、どうせごまかすなら なるべく長く 妊 娠くらい長くごまかそうと、色々な方法が考えられています。ヤーズというピルは最長120日続けて飲んでよいという方法を勧めています。月経困難症の方や、月経の前にいらいらがひどく仕事にならない月経前緊張症の方などは、月経の数が少なくなればなるほど快適なわけですから、できる限りピルを続けられると都合がよいのです。そんなことをしても大丈夫なの?と思うでしょうが、妊娠すれば10ヶ月にわたり月経がなく、出産の後 授乳を続けると、 時には2年も3年も月経がないことがあります。そういう生理的にあり得る状態のことを考えれば、120日間ピルで月経が止まっていても、特に問題はないわけです。なぜ、120日なの?という問題はさておき、120日間ピルをのんで、4日休み月経を起こすということは、1年間に3回しか月経が来ないことになります。ピルに伴う血栓症などのリスクは長くのんでも 短くても同じだそうです。ヤーズというピ ルが昨年より こういう飲み方を推奨していますが、もっと前から欧米では、季節ピルという飲み方があり、21日タイプのピルを、3ヶ分(合計63日間)飲み続けて 7日休むを繰り返し、1年に4回月経を起こす方法がとられていました。シーズンピル(季節ピル)という飲み方です。10年以上前に当院にピルを取りに来たドイツ人の患者さんは そういうふうにのんで いると話していました。もう10年くらい前の話です。日本はピルに関しては10年遅れています。

すこやか通信「インフルエンザ予防接種」

伊藤内科医院 院長 伊藤 彰

 11月に入り、冷えこむ日が多くなってきましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

 今年もいよいよインフルエンザ予防接種の時期となりました。

 ワクチンの効果は、年齢、本人の体調、ワクチンの株と流行した株の合致状況等によっても変わります。インフルエンザワクチンを摂取するとインフルエンザの発症の危険性を50〜60%減少させることができるとされています。また、発症しても重症化するのを防ぐ効果があり、高齢者では、死亡のリスクを82%減少させるという報告もあります。特に65歳以上の方や基礎疾患のある方では、インフルエンザが重症化しやすいので、かかりつけの病医院で、接種を受けられることをお勧めします。

 ワクチン接種の2週間後から、血液中にウイルスと闘う抗体が増え始め、1〜2か月後にピークと迎えます。その後、抗体は徐々に減少していきます。

 インフルエンザの流行は例年1〜2月が多いことを考えると、11月末ごろから12月中旬までに摂取を受けると良いでしょう。特に、受験や旅行などの大切な予定のある場合は、その1〜2か月前にワクチン接種をすませましょう。

 卵アレルギーは、その程度にもよりますが、ほとんどの場合問題なく接種できます。今のワクチンは、高度に精製されているので、鶏卵成分は、ほとんど残っていません。しかし、重篤な卵アレルギーのある方、例えば鶏卵を食べてひどい蕁麻疹や発疹を生じたり、口の中がしびれたりする方は、要注意です。

 インフルエンザワクチンの副反応は、一般的には軽く、ワクチンを接種した場所の発赤、腫れ、痛みなどをおこすことがありますが、2〜3日で消失します。インフルエンザワクチンは、不活化ワクチンですので、ウイルス自体は化学的に処理され病原性はありませんから、その接種によってインフルエンザになることはありません。

 やはり、インフルエンザの予防には予防接種が大切です。

みどりのお薬箱

 皆さま、ぐんと寒くなってまいりましたが体調はいかがですか?今年は、なんだか秋を感じる間がなかった気がしましたね。

 さて早速ですが、前回お話しいたしましたお薬の飲み残しについてです。今回は原因について考えてみましょう。

 私たち薬剤師が飲み残しの要因としてよく遭遇するのは、「お昼に出かけていて持っていくのを忘れた」という訴えです。出かける準備をする際に、薬を持って行く事まで頭が回らないというのは、皆さん経験があると思います。薬を忘れたことを出かけている途中で思い出す事もあるでしょうし、帰宅後に気がつく事も多いと思います。特に、自覚症状が継続しない疾患の場合は、なおさらのことでしょうね。それと、「症状が無くなったから自分で判断して途中でやめました」とおっしゃる方も多いです。特にこれは、風邪症状の時によく耳にする言葉です。でも、途中でやめてしまっては効果がきちんと期待できません。お薬を使っていく上で、回数や期間は大切なものなのですよ。次回は、大切である理由についてお話しいたしましょう。

(有)みどり調剤薬局 豊府店 羽屋4-1-A

​☎・540-7210 F・0120-08-3745

ひつじの健康相談「来春のスギ花粉予測」

ほうふ耳鼻咽喉科院長 螻川内 英臣

 スマートフォンに歩数計アプリを入れています。雑誌に載っていたので、3つ入れたのですが、万歩計と違うのは、歩数に応じてポイントがたまったり、店で使えるクーポンが入手できます。ポイントは現金、航空会社のマイル、電子マネーや他のポイントに交換したりできます。微々たるものですが、無料アプリなので、いれていて損はないと思います。その後、大分県が新たにつくったものを追加し、これはたまったポイントに応じて、プレゼントに応募できます。もう1つ元々入れていた飲料会社のアプリが、歩数でポイントがたまるようになったので、ある程度の歩数があれば、少なくとも15週で1本好きなドリンクがもらえるチケットが手に入ります。アプリの不調かスマホの不調か分かりませんが、時々歩数がカウントされないことがありますが、元が無料なのでご愛嬌ということで。みなさんもスマホを持って歩きませんか。

 来年のスギ花粉の飛散予測が発表されました。花粉の飛散量は前年夏の気象条件に左右されます。気温が高く、日照時間が多く、雨が少ないと翌年春の花粉が多くなります。今年の夏は全国的な猛暑で、大分も天気がよく雨もずっと降らなかったように思います。昨 年の夏も暑い夏で、今年のスギ花粉もたくさん飛散しましたが、来年の春の花粉も多くなりそうです。大分では今年の1・08倍、平年(過去10年の平均)比で1・54倍と予想されています。スギ花粉は飛散の多い表年と少ない裏年が交互に来る傾向にありましたが、ここ2年連続たくさん飛んでいて、来年も多くなりそうで、平年比に使われる過去10年の平均値も増加傾向にあります。来年もそれ以降も花粉は多く飛びそうで、対策が重要になりそうです。通常の薬とは異なるアレルゲン免疫療法という体質を改善する治療法があり、スギ花粉とダニの薬があります。スギ花粉のものは花粉飛散期に治療が開始できませんので、治療希望の方は今月いっぱいくらいに始めましょう。

行政書士の無料相談会 11月12日

 行政書士による無料相談会が11月12日(月)午後1時から4時まで、南大分公民館研修室で開催されます。相続・遺言・成年後見・就労ビザ・国際結婚・親子や夫婦関係についての心配事、また、会社設立を考えている方、その他お困り事があれば、この機会に相談してみませんか。相談は無料。秘密は厳守されます。

お問い合わせ

溝邊総合法務事務所大分市三ケ田町3-2

​☎547-9333 📲090-8913-3681

荏隈サロンでミニ運動会

 荏隈サロンでは10月17日ミニ運動会を実施した。応援合戦、風船たたき、玉入れ、パン釣り、輪投げ、仮装行列などに、参加した約40名は笑いながらゲームに熱中していた。最初に選手宣誓もあった。

荏隈サロン.JPG

二叉おしゃべり会で体力測定

 二叉おしゃべり会が10月4日同町公民館であった。大分市健康づくりネットワーク協議会の小畑真理さんを講師に、集まった約20名の体力測定を行った。楽に出来る人、アイタアイタ言いながらする人様々だったが、半年後にもう一回やる予定。

二又おしゃべり会.JPG