© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

南大分マイタウン 本誌 第393号・平成30年12月1月

城南小50周年おめでとう 10月28日 記念式典

 城南小学校(馬場宣昌校長)が開校50周年を迎え、10月28日同校体育館で記念式典が開催された。

 校歌斉唱に続いて、長沢周一郎実行委員長の挨拶があり、来賓の佐藤樹一郎大分市長がお祝いの言葉を述べた。古くなった校旗に替えて、実行委員会から新しい校旗の贈呈があった。学校に功績のあった三名の方に感謝状が贈られた。

 第二部は児童の発表会で、1年から6年まで学年別に工夫をこらした発表会があった。50周年記念映像の披露もあった。

 なお、人文字の空撮、記念誌の発行などは後日に持ち越された。

城小50周年校旗の贈呈.JPG

南体協の秋季球技大会

卓球大会

 11月4日南大分公民館集会室で行われた卓球大会の成績は①古国府②大石町③上田町。個人戦男子①溝口長生(古国府)②渡辺克彦(大石)③波多野正美(上田)個人戦女子①大津美代子(大石)②伊藤多喜子(荏隈)③日高スエ子(田中)

卓球優勝古国府.JPG

軟式野球大会

 軟式野球は11月11日南大分スポーツパークに7チームが出場して好ゲームを展開した結果、三ヶ田町が優勝した。二位は初出場の庄の原、三位は賀来新川と古国府という成績だった。ダブルは何とかなるとして、1日3試合はおじさんたちにはとても無理だよねー。初出場の庄の原の健闘は賞賛されて良い。

優勝三ヶ田.jpg
準優勝庄の原.jpg

ペタンク大会

 11月18日南大分スポーツパークに10町内32チームで競技した結果、①明磧C(糸川、岩尾、島井田)②明磧B③大石A・荏隈Cという成績で、明磧の強さが目立った。

 なお、南大分地区体育協会の秋季球技大会は、11月25日のミニバレーボール大会、12月2日のグラウンドゴルフ大会で終了する予定だ。

前列Cチーム、後列Bチーム.JPG

今年も盛会だった豊府まつり

 11月3日豊府小学校で豊府まつりがあった。新舞踊、ハーモニカ演奏、フラダンス、新体操、剣舞などが次々と披露された。馬場こども神楽、南大分小潮太鼓、豊府高校吹奏楽部の皆さんも常連のようにおなじみになった。壁面には生け花、書道、写真、手芸品、陶芸、今年は甲冑も展示された。模擬店は山菜おこわ、うどん、おでん、わた菓子、茶道などでにぎわっていた。子ども広場はふわふわトランポリンでにぎわい、消防コーナーでは子供が消防服を着てカメラにポーズをとるなど、多くの人出でにぎわっていた。

豊府まつり神楽.JPG

南大分校区では福祉芸能文化祭

 南大分校区では11月11日南大分公民館で福祉芸能文化祭が開催され、多くの人出でにぎわっていた。オープニングは南大分中学校合唱部のコーラスが透き通るような美しい歌声を聞かせてくれた。続いて邦楽「さくらさくら」、豊饒神楽「武者」から次々と演目が繰り広げられた。今年は岩本修一さんの「ガマの油売り」の口上が珍しく、キッズダンスの「ザッツ・エンターテイメント」も出演者の人数の多さと宝塚歌劇のような華やかさで受けていた。

 司会進行から照明、舞台の裏方まですべて社協の関係者でまかなわれていた。

南大分校区芸能文化祭.JPG

深河内会長に後藤治弘氏

 深河内の町内会長に1組の後藤治弘氏が就任した。氏は大分交通勤務、南体協の会計もしている。後藤会長の携帯☎︎090-9581-1919

後藤治弘会長.jpg

城南校区で3年ぶりの体育祭

 11月4日三年ぶりの体育祭が城南小学校で開催された。城南校区体育祭は昨年、一昨年と雨にたたられ中止。

 今年は晴天に恵まれ絶好の運動会日和。開会式直後には城南中学校吹奏楽部の特別出演があり、会場に美しいメロディーを流してくれた。

 幼稚園児の遊戯や菓子取り、お年寄りのグラウンドゴルフ、定番の玉入れやムカデ競争、町内対抗リレーで盛り上っていた。

 最後には抽選会もあり、これがまた大盛り上りだった。

 なお、町内対抗競技の優勝は今年もはなの森だった。二位は庄の原、城南東、城南西が同点。

城南.JPG

豊饒で大運動会

 豊饒町内会(生野徹会長)では10月21日南大分スポーツパークで大運動会を実施した。当日は好天に恵まれ、町民約三百人が参加して、やじろべえ(天秤担ぎ)、デカパン競争、大玉ころがし、綱引きなどに汗を流していた。

豊饒運動会綱引き.JPG