© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

​平成30年6月1日 第387号3P

ラベンダー(更年期専門)外来「最近の話題 世界遺産とトイレ」

医療法人社団愛育会 曽根崎産婦人科 院長 衛藤 真理

 5月の連休に中国に行ってきました。万里の長城と西安の兵馬俑抗を見学してきました。二つの世界遺産を見て、感激というか、ただただ、凄いの一言です。 百聞は一見に如かずです。中国も5月1日のメーデーに合わせて連休があるそうで、今年は4月29日30日そして5月1日が連休だったそうです。5月2日から出かけた私はどこに行っても、連休直後で、今年はすいていますと言われました。何しろ14億の人口ですから、メーデーの休みの人出は半端じゃなかったらしいです。万里の長城のロープウェイもほとんど並ばずに乗れましたし、長城ウォークも人出は結構いたのですが、すいすい上がれたので、ガイドさんからこれでも、すいてるんですよと何回も言われました。

 行く前にずっと以前に行ったことのある人たち皆から、トイレが汚いとかドアがないとか聞きましたが、オリンピック以後はかなり良くなったようで、日本に比べればまだまだですが、ちゃんとドアはありましたし、トイレットペーパーも個室の中にはなくても、トイレの入り口付近に大きなトイレットペーパーロールがあり、事前に自分でちぎって持っていけば 、十分に足りました。ただ、どこでも、それは、一流ホテルの自分の部屋でも、トイレットペーパーを便器に流さないようにとガイドさんから注意を受けたのにはびっくりしました。トイレに紙を流さないのはもう 知っていましたが、一流ホテルの部屋でもそうなの?昔のボットン便所の時から、おしっこもうんちも紙も同じ所に捨てるもんだとばかり 思っていましたので、最近は、紙を流してはいけない文化の国に行くことが多く、 日本のやり方が間違っているのかもしれないと思うようになりました。私の大好きな韓国もトイレには大抵トイレットペーパーはありますが、流さないように書いてあり、大きなゴミ箱があります。それでも、韓国ではホテルの中では流していたんだけど、あれもいけなかったのか?と考え中です。

 1990年頃に夫の留学について行って、米国に住んだことがありますが、米国も隣のカナダもトイレに紙を流しても OK でしたが、そこで知り合ったブラジル人の友人からブラジルでは紙はトイレに流してはいけないと聞いたのが、 世界にはそんな国もあるもんだと知った初めでした。最近ではアジアの国々が面白い上に、遠くに行く時間がないのもあって近いアジアに行くのが大好きですが、アジアのほとんどの国が紙は流さないので、トイレットペーパーが流せる国に住めることは幸せなことなんだということを改めて感じています。 日本も汚水処理の費用を節約したり、原発止めてエネルギーを節約するには、トイレに紙を流さない方がいいのかな?なんて勝手に蓋が開いて事前洗浄までする賢いトイレの前で考え込んでいます。

すこやか通信「顔ヨガで若返り」

伊藤内科医院 院長 伊藤 彰

 6月に入って雨の日が多くなってきましたが、皆さん、如何お過ごしでしょうか?

 顔には表情筋という筋肉があり、様々な感情表現で 重要な役割を果たしています。

 最近、顔面の表情筋を鍛えるエクササイズとして顔ヨガが 流行しているそうです。

 歳を取ると顔の表情が乏しくなり、表情筋が萎縮して筋肉と皮膚の間にある皮下脂肪が薄くなり、中高年のシワやたるみの原因になってきます。しかし、顔ヨガをすることにより表情筋や皮下脂肪が維持され、感情表現を豊かになり、見た目年齢が若返ります。

 顔面のエクササイズは、表情の若返りだけでなく脳の血流を増やすことが知られているので、、認知機能など全身の老化抑制にも関連していると言えます。

 四十歳を過ぎてからの同窓会に出席して、学生時代と同じように若々しい同級生と、誰だか判別できないほど老け込んでしまった同級生の格差に愕然とした経験はないでしょうか。若々しく見える人は体の機能も若々しく保たれているのでしょうか。 米国の研究班が、18項目の新身体能力を解析した結果、 見た目が若い人は心肺機能や運動機能のみならず、認知機能も若々しく保たれていました。

  八十歳を超えても過去の記憶が衰えない高齢者を対象に脳の容積を計測した研究もあります。普通の高齢者に比べて 脳の萎縮が有意に少ないことがわかりました。このことが、遺伝的なものなのか、環境要因で認知機能が保たれているのかは 、まだ研究段階です。

 ネットで顔ヨガを検索すると、色々と出てきます。少し試し 如何でしょう。

みどりのお薬箱⑧

 変な気候が続いていますので、皆様体調管理が大変かと思いますが、しっかり乗り切っていきましょう。

 さて、5月の初めからうちの薬局に薬学実習生が入ってきました。この薬学実習生とは、2006年に薬学部が6年制になる時から導入されたものです。私が薬学生だったそれこそ〇十年前は、薬剤師として就職してから実務を開始するという状態でした。毎日必死で仕事をして、勉強もしていたように記憶しています。薬学部が6年制になった一番の違いは、薬剤師の国家資格に合格した時には実務ができる状態になっているということでしょうか・・・。ですので、薬学生は5年生で実習生として出てくる前に技能試験と薬学知識の試験をクリアしてから、指導薬剤師のいる病院と薬局でそれぞれ11週間の実務を学びます。日常で私たちがやっているほぼ全ての業務を体験して、学んでいくのです。薬局では、通常業務に加え、市販薬、在宅業務、漢方薬、薬局製剤などを学んでいきます。私も指導薬剤師として、実習生が卒業して地元に戻ってきて地域の健康を支える立派な薬剤師になれるよう指導していきたいと思っていますので、皆様の温かいご理解を頂きたいと願っています。

 6月26日14時~15時肺年齢の無料測定をいたします。お気軽にご参加ください。

(有)みどり調剤薬局 豊府店 羽屋4-1-A

​☎・540-7210 F・0120-08-3745

ひつじの健康相談「喫煙と難聴」

ほうふ耳鼻咽喉科院長 螻川内 英臣

 天孫降臨の地、高千穂に初めて行きました。下調べほとんどなしで、ナビで検索すると高速が表示されたので、時間も確実だろうと、高速で延岡経由で行きました。8時半ぐらいに着きましたが、近くの駐車場は埋まっており、離れたところに停めました。まずボートの受付をしましたが、ここが一番大変で、1時間並んで、受付して、乗れるまで四時間半かかりました。11時前には夕方までの受付は終了していました。通常8時半からの営業が、連休中は7時からでこの状態です。早い人は5時前に並んでいるとか。車を動かすともう止められなくなるかもしれないので、歩いて行ける範囲で散策しました。これぞ高千穂というイメージの真名井の滝のところをボートでめぐって、帰りは竹田経由で、往路と時間はあまり変わりませんでした。

 先日の新聞に、国立国際医療研究センターの研究で、喫煙が難聴の原因になるという記事が載っていました。タバコは様々な病気の危険因子となりますが、難聴にも影響するようです。5万人を最長8年間追跡したもので、喫煙状態(非喫煙・過去喫煙・現在喫煙)、1日の本数、禁煙後の年数などを調べています。喫煙者は肥満で慢性疾患を抱えている傾向が高いようです。調査開始時点では聴力正常だったものが、経過を見ていくと、一日十本以内の喫煙では高音の難聴リスクは40%以上高くなり、低温も10%高くなります。11~20本では高温で60%、低温で20%高くなります。1日21本以上だと高音が70%、低音が40%増加するという結果でした。特に高い音がダメージを受けるようです。原因はニコチンの毒性の他、血縁に伴って内耳の虚血をきたすと考えられています。また 禁煙して5年経過後には、リスクは非喫煙者と同等になる、という結果も出ており、聴力低下の予防のためにも禁煙が推奨されます。

 1・2日と16日は学会参加のため休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

南大分社協の総会

 5月8日南大分校区社会福祉協議会の総会が南大分公民館多目的ホールで開催された。約40名が出席して質疑を行ったが 、執行部案が原案どおり可決された。

行政書士の無料相談会 6月12日

 行政書士による無料相談会が6月12日(火)午後1時から4時まで、南大分公民館研修室で開催されます。

 相続・遺言・成年後見・就労ビザ・国際結婚・親子や夫婦関係についての心配事、その他お困りのことがあれば、この機会に相談してみませんか。相談は無料。秘密は厳守されます。

お問い合わせ

溝邊総合法務事務所大分市三ケ田町3-2

​☎547-9333 📲090-8913-3681