© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

南大分マイタウン 本誌 第397号・平成31年4月1月

学校法人 後藤学園 Information

どーなつクラブ えのくま幼稚園

 えのくま幼稚園では、未就園児対象のどーなつクラブを4月から開始します。4月5日(金)の午前10時からと、同じ日の午後1時から開始です。入園年齢にはまだ達しないけど、少しでも園に慣れさせておきたいと思う方は、遠慮なく参加して下さい。開始の10分前には園に来て受付けをして下さい。できたら子供と保護者のスリッパを用意して下さると良いと思います。

えのくま幼稚園.jpg

お別れ遠足 ごとう幼稚園

 お家の方に作ってもらった美味しいお弁当をリュックサックに入れて、3月8日お別れ遠足に行きました。子どもたちは、ごとう幼稚園から大分川の土手を通って、えのくま学園グランドまで歩き、道中土筆や菜の花やノビルなど春の草花を探したり、ちょうちょやテントウ虫を捕まえたり、ゆっくり楽しんでいました。

 グランドにつくと、他学年と混じってゲームをしたりお弁当を食べたりしながら、別れを惜しみました。優しくお世話をしてくれた年長さんは、4月から小学校でまた活躍してくれることでしょう。

 子育てサークルは、5月からです。

ごとう幼稚園.jpg

夢宝の水墨行脚

肥後街道四・五の瀬を渡る

 この絵は私の想像で描いたもので、実際にこのようであったかどうかは、あまり信用できません。私は学者ではなく絵描きなので、大名行列の雰囲気を味わってもらえれば、と思ってこれを描きました。毛槍を先頭に、殿様は家臣やお女中も従えていたでしょうか。途中で宿泊することもあるでしょうから、大変な出費だったことでしょう。

 この絵は四の瀬、五の瀬付近を描いたものですが、七瀬川には一の瀬から七の瀬まであって、だから七瀬川と呼ぶようになったそうです。

水墨画.jpg

永興老人会が幼稚園に事故帽子

 老人クラブ永寿会(早田久豊会長)は3月13日、城南ヶ丘幼稚園の卒園生6名に交通事故帽子(防止)をプレゼントした。1年生になっても交通事故に遭わないように、という願いをこめて。

今月の料理 キムパ

 春光うららかな季節を迎え、お花見の話をよく耳にします。桜のシーズンにベランダをのぞき、花弁がヒラヒラ舞い落ちる景色を見ては、元気に生きている有り難みを感じ、感謝の心を持とう!と強く思えます。薬膳のなかで「陽気」は外部から侵入する病気の原因から身を守る作用もあると考えています。『風邪(ふうじゃ)』から体を守るために、「陽気」を補う食物を多く摂るようにして抵抗力を高めましょう。

食材では、生姜、茗荷、

白葱、香菜、パセリ、ニラ、小麦、大麦、米、あわ、とうもろこし、ごまなどを日々の料理に積極的に加えると、疲れにくくなります。

 この時期、行楽弁当におすすめの韓国海苔巻きをご紹介します。

(材料)

白米2合、ごま油小1、塩少々、ダシダ小1、牛肉薄切り200g、焼肉のたれ大2、卵2個、砂糖小1

ほうれん草半束、人参1本、たくあん少々、大判海苔3

♡作り方♡

①ご飯に塩、ゴマ油、ダシダを入れよく混ぜる。

②牛肉を炒め、焼肉のたれで味付けをする。

③千切りにした人参に軽く塩をふり水気をきる。

ほうれん草を固めにサッと茹で、一口大に切ったら、温かいうちにゴマ油と塩でしっかり味を付ける。

④卵をよく溶き、砂糖を入れたら卵焼きを作り、縦長に切る。

⑤巻きす、ラップ、海苔、薄くひいたご飯、具材の順番にセットし、巻き寿司の要領できつく巻く。

ラップをしたまま冷まし、食べる直前にラップごと寿司を切り分ける。

⑥⑤のラップを一つずつ取り除き、表面にゴマ油を塗り、ゴマをふりかける。

薬膳美容料理研究家

坂本薫

☎545-5374

今月の料理.jpg

かりん街道歌会〔2月歌会〕川野里子 選

ぺむぺると聞こえる音で呼んでいる

さっきまでゴキブリだったものを

岡方 大輔

こんこんと疲れ溜まりぬ蒟蒻が

袋に浸る水嵩くらいに

平山 繁美

なにもかも海に捨ててたふるさとは

さびしい舟の集まるところ

檜垣 実生

映写機の光線のなかに舞うホコリ

忘れて画面に引き込まれゆく

御沓 辛止

左手のみでピアノ弾く子の動かない

右手を母の両手がつつむ

矢野 和子

肩の力ぬいてごらんと言ふやうに

整骨院水槽の金魚ゆうらり

濱本紀代子

小手毬のやうに帽子がゆれてゐる

手押し車の五人の園児

左東 清子

小春が少し動いてあたたかし

低き冬空しろき昼月

平田千代子

入会希望者の方ご連絡下さい📲090-4780-6128檜垣まで

次回は4月13日(土)13:00~ ホルトホール大分

水仙俳句会 〔2月句会〕 万葉太郎 選

笹鳴きや夫の笑顔が久々に

渡辺 籾恵

肩越しに国会答弁手水凍つ

佐藤 水穂

離農者を出さないうちの春田打ち

河野 秀子

雲を割り這い出る初日今年こそ

甲斐 一

マスクして帽子かぶれば皆同じ

秦  英子

亡き母が植えし梅咲き孫の唄

河野 武男

飼い猫も私もクシャミ冬に入る

福白 虎春

ウチナンチュ怒れり冬の大浦湾

本田 陽子

膝を撫で河津桜のニュース見る

佐藤りゅう

梅の香をどんと誉めてく集金屋

田口十糸子

梅の花楽しい野山万歳する

水仙子

参加希望者は☎543-9379まで

次回は4月16日(火)AM10:00~です。