© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

南大分マイタウン 本誌 第399号・令和元年6月1月

羽屋新町が車椅子を設置

町内6カ所で常時使用可

 羽屋新町(挟間文重会長)では、このほど町内6カ所に車椅子を設置、誰でもいつでも使用できるようにした。

 設置したのは挟間会長宅、佐藤修治氏宅(7組)とサザンシティ大和、ラポール羽屋新町、グレイス南大分のマンションの1階ロビー。利用したい人は備え付けのノートに使用日時、使用者名、目的などを書くだけで簡単に使用できる。目的は病院に行くとか、天気が良いから散歩するとかでもOKだ。返却も元の場所に戻してノートに時間を記入するだけと簡単だ。

羽屋新町.JPG

明磧で賀来神社まで歩こう会

 明磧町内会(阿南惟久会長)では4月27日、歩こう会を実施した。明磧天満社には約90人が参集、ラジオ体操で体をほぐしてから、午前9時30分に出発、賀来神社で小休憩や参拝をしてから帰途についた。往きは大分川の右岸を通り、帰路は左岸を通るなど飽きさせない工夫をしていた。

明磧歩こう会.JPG

花園で母の日歩こう会

 花園町内(佐伯保英会長)では、5月12日の母の日に毎年恒例の歩こう会を実施した。同町公民館に集合して、ラジオ体操をしてから10時出発、豊府高校の正門から大分川の土手に出て、明磧橋で折り返して公民館に戻ると、ボランティアの皆さんが用意したおいしいカレーライスが待っている。

 例年150人ほど参加がいるのに、今年はなぜか百人を切ったようだ。

花園歩こう会.JPG

豊饒で春の敬老会

 豊饒町内会(生野徹会長)では、5月12日同町公民館で春の敬老会を実施した。約50人が出席して、夢和会の舞踊や民謡、歌謡曲、フラダンスなどを楽しんでいた。町内会長と安部文男老人会長があいさつ、来年早々に新住居表示が行われるが、豊饒には町を付けずに、豊饒とだけ表示することなどが紹介された。

豊饒敬老会.JPG

戦国大名大友氏の館と権力

シンポジウム大盛況

 大友氏館跡発掘20周年を記念して、大分市教育委員会文化財課が主催した「戦国大名大友氏の館と権力」シンポジウムが5月12日ホルトホール大分で開催された。評判は上々で300人の定員が満席となり立見がだいぶ出ていた。

 第一部は考古学や文献史学の専門家が庭園や茶の湯、唐人町など5つのテーマについてレクチャーし、第二部は20代から50代までの5人が「大友氏研究の成果と未来」についてディスカッションした。パネル展示「新聞報道記事にみる大友氏館跡発掘20年」もあった。

大友フォーラム.JPG

豊老連の総会

 豊老連(豊府校区老人クラブ連合会・牧達夫会長)の通常総会が5月17日天まで上がれ古国府店で開催された。会議は特に問題もなく、1時間ほど執行部の原案通りに可決され、懇親会に入った。

 今年は牧会長が市老連の会長になった関係で豊老連も忙しくなりそうだ。

豊老連総会.JPG

みなみおおいた夏祭り

今年は7月20日(土)21日(日)

 先月号でもお知らせしたように、今年のみなみおおいた夏祭りは7月20日21日南大分スポーツパークで開催されます。

 現在決まっている出演者は、子供みこし、ごとう幼稚園、町内対抗玉入れ大会、大分雄城台高校書道部、ハーラウ・オ・ナ・マヌ・レア、MPLヒップホップショー、小潮太鼓、ものまねタレントショー、カボスひろしショー、EARTH DANCE SCHOOL、鳴海塾空手演武、studio ZEAL、Chimo&Niimo、J・MIX中嶋晴香、豊後潮太鼓、みなみおおいた総踊り、三人制バスケ、消防団の地震体験車、最後に二日間ともお楽しみ抽選会があって最高に盛り上がります。

 会場周辺には夜店が百軒ほど並んで祭り気分を高めてくれますが、まだアキがあります。出店希望者は☎︎080−3227−1866豊東までお申し込み下さい。

夏祭り1.JPG