© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

南大分マイタウン 本誌 第399号・令和元年6月1月

今月の行事予定

   1日      テーマ展「解体新書の世界」(歴史資料館、午前9時〜)「解体新書」は、安永3年(1774)に中津藩の蘭学者である前野良沢や小浜藩の

                蘭方医である杉田玄白らによって出版された、日本初の本格的な西洋医学書の翻訳書です。この出版を契機に、オランダ語を通じて伝わった

                西洋の学術である蘭学が盛んになりました。そして、蘭学のなかの自然科学の知識や技術は、日本の本草学や農学といった実学(経験的・

                実証的な学問)にも大きな刺激を与えました。本テーマ展では、日本医学の発展に大いに寄与した『解体新書』と、その影響の広がりを様々な

                資料から紹介します。6月9日まで。

   2日  大石町運動会(荏隈小学校グラウンド、午前9時〜)

   7日  南大分地区社会教音関係団体連絡協議会総会(南大分公民館多目的ホール、午前10時〜)

   8日  第15回大分県バトンコンテスト(南大分体育館、午前10時〜)

   9日  令和元年歯の健康ひろば(ホルトホール大分会場、午後0時30分〜午後4時)歯の相談、歯の健診、フッ化物塗布、歯みがき指導

                紙芝居コーナー、手形コーナーなど

   9日  令和元年歯の健康ひろば(稙田市民行政センター会場、正午〜午後4時)歯の健診、お口のいろいろ相談、歯並び相談、口腔ケア相談

                歯みがきの相談、歯のクイズラリーなど

   9日  城南南町ひまわりの花配布(城南々町集会所、午前10時〜)みなみおおいた未来想像まちづくり協議会の事業に協賛して

                ひまわり・コスモスを町内で育てる

  15日 豊老連カラオケ大会(花園公民館、午後1時〜)

  15日 ふれあい歴史体験「粘土はにわ作り」(歴史資料館、午前9時30分〜/午後2時〜)対象は親子と一般、定員は申込み先着順に70名

                材料費250円、6月3日より☎︎549−0880で事前申込みを受付けます。制作時間は約2時間。

  16日 城南校区スマイルボウリング大会(庄の原公民館、午後1時30分〜)

  22日 大分県民体育大会(南大分体育館、午前9時〜)23日も

  23日 南大分地区体育協会主催「ペタンク大会」(南大分スポーツパーク、午前8時30分〜)

  26日 げんき教室(看護研修会館、午後2時〜)大分県栄養士会管理栄養士・谷野真弓氏の講話「梅雨・夏を前に、心と体に栄養を…」他に

                血圧測定などの健康チェック、個別健康相談、健康体操など

  30日 荏隈校区自治委員協議会主催「スマイルボウリング大会」(城南中学校体育館、午前9時〜)

めだか学級の開級式

 5月21日めだか学級(松本広信会長)の開級式があった。今年で学級設立21年目になるという。大分市福祉保健部福祉事務所子育て支援課子育て交流センターの三崎りか所長が来賓として出席しあいさつした。他に地区の町内会長や老人会長が来賓として出席した。式には24組の親子が出席し、戸高智美さんが保護者代表としてあいさつした。目下37組の親子が申込み、まだ増える見込み。式は15分で終了した。

めだか学級.JPG

おおいた歴史と文化塾が開講

 南大分公民館の「大分歴史と文化塾」が5月9日開講した。牧達夫講師と受講生約20人が最初に自己紹介してから、さっそく講義に入った。これから毎月一回一年間学習して行く。同級生が20人いるのも心強いことだ。

南大分公民館歴史と文化塾.JPG

古国府老荘会の総会

 古国府老荘会(牧達夫会長)の総会が5月13日同町公民館であった。会員約30名の出席と委任状で総会は成立。懇談会に入ってから原川二郎さんが「大分市歌」と「大分県行進曲」を披露、皆と一緒に歌った。

古国府老壮会.JPG

脳卒中にならない方法

 国分市養護老人ホーム庭昌苑から広まり、目下国分市とその周辺で大評判になっている脳卒中で倒れない方法を紹介します。

今の季節なら誰でも簡単に作れる飲み物です。

 ①鶏卵1個(白身のみ)

②蕗の葉の汁(蕗の葉3〜4枚を刻んですりつぶし、それを濾した汁)小さじ3杯(ツワブキはダメ)

③清酒小さじ3杯(焼酎はダメ)

④梅の実1個、塩漬けにして柔らかくなったのをすり潰す。

 以上を番号順に器に入れ、一品ごとによくかき混ぜること。

これを一度飲めば脳卒中で倒れなくなるそうです。

前記庭昌苑と周辺では数千人の人が試され、そのすべての人が健在であるそうです。

 しかも、一度飲めば一生効くというから驚きです。(毎日飲んでも害があるわけではありません)

 より詳しく知りたい人は賀来のアベ薬品(☎︎549−2354)へお尋ね下さい。