© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

南大分マイタウン 本誌 第400号・令和元年7月1月

南大分公民館で人気・子供新舞踊教室

 一昨年から新設された南大分公民館の子供新舞踊教室。最初は人数も少なく、しかも稙田など他地区から通って来る生徒が多かったが、三年目の今年は人数もグンと増えて19人に。それに南大分小や豊府小の生徒が多くなって活気が出て来た。

 教えるのは新舞踊松宗流の松宗寿栄丸先生。「子供たちはほかの学校の授業や部活に興味を持ってます。そこからやる気が出てるようです。今年も秋の芸能文化祭で踊るのが楽しみです。」

子供新舞教室.JPG

子育てサロン・のびっこクラブが発足

 荏隈校区民生児童委員協議会が、校区独自の子育てサロン「のびっこクラブ」を発足させ、6月18日荏隈小の学童保育の部屋を借りて第一回のサロンがあり、10組が参加した。毎月第3火曜日午前10時から11時30分まで。対象は未就園児とその保護者です。祖父母でもOK。お母さん同士で悩みごとを相談もできます。お問合せは090−1925−6518岩崎まで。

のびっこクラブ.JPG

富士見が丘幼稚園でじゃがいも掘り

 富士見が丘幼稚園(渕野二三世園長)で6月13日じゃが芋掘りがあった。全園児とこの日園を訪れていた聾学校の園児約180人全員が参加した。野田和典さんが育てた芋は大きく育ち、数も多くて園児たちは大喜び。

富士見が丘幼稚園.JPG

令和になっても強い!城南少女フットベースボール

 令和最初の試合となる「令和元年度大分県少女フットベースボール春季大会」が、6月16日平和市民公園グラウンドで開催され、城南は準決勝で臼杵小を11−0、決勝で臼杵下北を6−1の大差で下して優勝した。

 城南チームは現在、6年生3人、5年生6人、4年生1人、3年生1人、2年生1人の12名だが、試合の状況によっては4、3、2年生が出ることもあるが、下級生が上級生を見習って平常心でプレー出来てることが大きいらしい。今大会は予選から決勝戦まで順調に勝ち進み、失点は決勝戦の1点だけという素晴らしい成績だった。

城南女子フットベースボール.jpg

城南校区スマイルボウリング大会・自治委員が優勝

 城南校区スマイルボウリング大会が、6月16日庄の原公民館で行われた。校区内の社協やボランティアなどの各種団体17チームが、トーナメント方式でゲームを行なった結果、自治委員協議会(関谷弘、片岡和人、幸重善爾、堀和則、葛城奈良久、衛藤新作)が優勝した。準優勝は青少協、3位民生児童委員という成績だった。

 ピンが倒れたといっては笑い、ゲートに当ったといっては笑い、スマイルボウリングは地域の親睦を深めるのに最高のゲームだろう。

城南校区スマイルボウリング大会.JPG

今月の行事予定

   3日 子育て南大分「おおきくなーれ」(南大分公民館多目的ホール、午前10時〜12時)0歳〜5歳児対象、南大分地区の民生児童委員さんが

               無料でお世話します

   6日 ふれあい歴史体験講座「七夕飾り作り」(歴史資料館、午前9時30分〜/午後2時〜)対象は親子と一般、定員は申込み先着順に50名

               材料費100円、☎︎549-0880へ事前申込みが必要、制作時間は約90分

   7日 古国府東町子供会七夕飾り作りとカレー会(古国府東公民館、午前10時〜)10時から七夕飾り作り、11時からカレー会

               七夕飾りは各棟の玄関に飾ります

   7日 竹の上子供会七夕飾り作り&そーめん流し(竹の上公民館、午前10時〜)

   7日 庄の原町内ひまわり・コスモスの植付け(庄の原集会所、午前9時〜)

 13日 テーマ展「豊後の南蛮文化」(歴史資料館、午前9時〜)大友氏は、15世紀頃に明(中国)や朝鮮と貿易を行っていました。

              1551年に宗麟がイエズス会宣教師であるザビエルを招いてキリスト教の布教を許可したことを契機に、スペイン・ポルトガルや東南アジア

               いわゆる「南蛮」との貿易が始まります。やがて府内には中国やポルトガルなどから多くの外国船が訪れ、日本有数の国際貿易都市として

              栄えました。

          本展示では、豊後に来訪した宣教師たちの報告書や、西洋との貿易の様子を描いた南蛮屏風、貿易品であった陶磁器や漆器

              また発掘調査の出土品などから、当時南蛮との交流を深め国際色豊かな文化が花開いた豊後府内の様子について紹介します。8月25日まで。

 13日    地区社団協主催「ふれあいスポーツ大会」(南大分公民館集会室、午前9時〜)南大分地区内の各種団体、町内会長会、PTA、老人会

              社協、民児協、青年クラブ、小潮太鼓、大友顕彰会などが、スマイルボウルで親睦対抗戦

 14日   古国府夏祭り(弥栄神社・大国社夏季大祭、午前8時〜午後3時)

 20、21日 みなみおおいた夏祭り(南大分スポーツパーク、午後3時〜同9時30分)21日は午後4時30分〜同9時30分、表紙記事参照

 24日   げんき教室(看護研修会館、午後2時〜)大分市民健康ネットワーク協議会会長・松本内科循環器科クリニック院長松本悠輝氏の講話

             「100歳まで、病気知らずの健康習慣!」他に健康体操、血圧測定、個別健康相談など

 25日   人権を考える講演会(南大分公民館集会室、午後2時〜)講師は劇団「一人ぼっち」演題は、「一人芝居TEARS(涙)」

             ひとNETSみなみおおいた(南大分地区人権教育推進協議会)の主催、聴講無料

 26日  南大分ふれあい囲碁大会(南大分公民館、午前9時〜)参加希望者は7月17日までに☎︎543−4875生野までお申込み下さい。

            参加費用1500円(昼食代込)

 27日  古国府町内夏休み校外補導パトロール(三福寺、仏光寺、セブンイレブン古国府店の三ヶ所から町内を巡回、午後7時30分〜)豊小

            南中、南大分交番も参加、夏休みの7のつく日に毎年実施

 27日  勾玉作り教室(歴史資料館、午前9時〜11時、午後1時〜3時)対象は親子と一般、材料費250円(1セット分)事前申込み不要

            時間内であれば何個でも制作可。制作時間は1個約90分