© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

南大分マイタウン 本誌 第401号・令和元年8月1月

福徳学院高校学園便り

令和元年 保護者会料理教室

 6月29日(土)福徳学院高等学校調理実習室にて、保護者会料理教室を行いました。参加者は23名。今年のテーマは「インスタ映え」ということで、ふわふわパンケーキ・パプリカのスムージー・カシューナッツクッキーの3品を作りました。

 「家庭ではなかなかパンケーキは作れないよね。難しそう。」と言われていた保護者の方も、上手にふわふわに仕上がりました。パプリカのスムージーは、パプリカ農家の方イチオシ!!パプリカの自然な甘さもあり、とても飲みやすく簡単に出来ました。「今日、料理教室に行ったお土産よ!」と、カシューナッツクッキーを食べながら、話に花が咲けば嬉しく思います。

(健康調理科 田北美由紀)

福徳_3.jpg

第一回ヘアアレンジ講習

 6月17日(月)、トータルビューティ科は大分県内の美容室の方に来ていただき、ヘアアレンジ講習を行いました。この講習は、本校のトータルビューティ科の進路学習の一環として、プロのスタイリストによるヘアアレンジ講習と、講話をしていただくことで、美容師の仕事に対して理解を深め、進路に対する意識の高揚を図っています。今回は、スニップ株式会社様、有限会社ブームコーポレーション様、ヴィーナス美容室様をお招きし、学年ごとに分かれ、ヘアアレンジ講習を行いました。2年生は、ヴィーナス美容室様より、花嫁のヘアアレンジと着付けの講習をしていただきました。本物の結婚式の衣装を間近で見ることができ、さらに実際の着付けの仕方をお手伝いさせていただくことができて、大変貴重な体験となりました。生徒にとって、美容業界の仕事に対しての理解が深まり、より一層美容師に対しての意欲が高められた時間となったようです。

(トータルビューティ科主任 中津熊英理)

福徳_2.jpg
福徳_1.jpg

いつまで続く快進撃!?

城南少女フットベースボール

 本紙7月号で「城南少女フットベースボールチーム」の、本年度の勝利第一報を「令和になっても強い」とお知らせしましたが、その後「第34回大分市スポーツ少年団春季大会」が6月23日に平和市民公園グラウンドで、「大分県選手権大会」が7月7日臼杵小グラウンドで行われ、2大会とも優勝しました。春季大会では準決勝で大道を6−0、決勝で寒田を16−3で破り、県大会では準決勝で寒田を11−4、決勝で臼杵下北を9−1といずれも大差で破っての優勝です。

 城南少女フットベースボールチームの良いところは、ただ試合に強いだけでなく、礼儀、あいさつ、言葉づかい、感謝の気持と謙虚さをいつも忘れないようにしていることで、これらのことは監督、コーチ、保護者の皆さんの指導がなければできないことだ。

 なお、同チームでは目下選手を募集しています。5・6年生合わせて9名、2・3・4年生が各1名で合計12名で試合を行っていますが、1人でもケガなどすると試合ができない可能性があります。090–2502–8065杉野まで電話お願いします。

城南女子フットベースボール.jpg

田中サロンで桜の会の歌と踊りを楽しむ

 田中サロン(砂野東洋子代表)では6月28日、歌と踊りの「桜の会」を田中公民館に招き、約1時間にわたって懐かしい曲などを楽しんだ。「まつのき小唄」「天城越え」「ここに幸あり」などは年輩の方なら誰でも知っているだろうが、コッコッコッコ、コケッコーで始まる「ミネソタの卵売り」は曲が始まってから昔聞いたことがあると思い出す人が多かった。酒飲むなー酒飲むなーのご意見なれーどで始まる「ヤットン節」も、酔ったフリで踊るとヤンヤの喝采だった。

 歌が終ると参加した約60名のサロンの会員と桜の会の皆さんと一緒にボランティアさんが作った稲荷寿司をおいしく頂いていた。8月1日には同所で1時から変面ショーがある。無料。

田中サロン.JPG

身近な行政相談251

〜遺言書がある場合の相続の流れについて教えてほしい〜

〈このような相談がありました〉

 不動産の相続について、遺言書がある場合は具体的にどのような相続の流れになるのか教えてほしい。

〈このように処理しました〉

 相談を受けた行政相談委員は、次のとおり法務局に照会した結果を相談者に回答しました。

 「遺言を執行するためには、まず、遺言書の偽造・変造を防止するための手続である「検認」が必要です。「検認」を申立てできる者は遺言書の保管者又は遺言書を発見した相続人で、申立先は、遺言者の最後の住所地の家庭裁判所となっています。

 申立後、裁判所から相続人に対して、検認期日(検認を行う日)の通知が行われ、出席した相続人などの立会いのもと、封筒を開封し、遺言書を検認します。

 検認後、遺言の執行へと手続が進みますが、遺言書に検認済証明書が付いていることが必要であるため、検認済証明書の申請を行ってください。

 検認手続の詳細については、大分地方家庭裁判所(097–532–7161)にお問合せください。」

~役所の仕事に対する苦情等がありましたらお気軽にご相談ください~

○最寄りの行政相談所

 稙田支所(稙田市民行政センター)で、8月19日(火)の9時から11時まで行政相談委員(注)が相談を受け付けています。

(注)行政相談委員は、総務大臣から委嘱された民間の有職者で、各市町村に1名以上配置され、国民の身近な場所で行政に関する苦情等を受け付け、その解決のための助言や関係機関への通知等を行います。

○行政苦情110番(総務省大分行政監視行政相談センター)「きくみみ大分」☎097-533-1100